林遣都がいないとテンション下がる!「おっさんずラブ」ファンの嘆き噴出

アサジョ / 2020年10月12日 10時15分

写真

 10月1日深夜に再放送された単発版「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)。2018年4月期に放送され社会現象となった同名ドラマシーズン1の「元祖」と呼べる1時間ドラマだ。

 田中圭演じる春田創一に、吉田鋼太郎演じる黒澤武蔵が乙女のように恋しているのはまったく同じだが、春田に思いを寄せている家庭的な会社の後輩・通称ハセこと長谷川幸也は落合モトキが演じている。「おっさんずラブ」のファンの中には単発版を見ていない人が少なくなったため、ツイッター上では単発版の再放送を熱望する声が以前から数多く上がっていたのだ。

「単発版は連ドラのシーズン1を濃縮したような内容なのですが、今回の単発版の再放送と昨年11月から放送されたシーズン2の『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)の両方を視聴した人々からは、どうやらシーズン1でマキこと牧凌太を演じた林遣都の不在が嘆かれているようです。ネット上では『春田と牧だったから尊かったことを再確認』『マキがいないとテンション下がる』『田中圭と林遣都が演じたから夢が見られたんだなぁ』『ハルマキの続編が見たい』『林遣都はもう牧を演じてくれないのだろうか』など、林に再演を求める声があがっています」(女性誌記者)

 10月27日スタートのドラマ「姉ちゃんの恋人」(フジテレビ系)では、有村架純演じるヒロインの安達桃子とお互いに惹かれ合う吉岡真人を演じる林。尊い「ハルマキ」の姿はもう見られないのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング