1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

イヤホンで楽しむ360度立体音楽再生 アップルとボーズの最新モデルで聴き比べ

ASCII.jp / 2023年11月10日 19時0分

アップル「AirPods Pro」(左側)とボーズ「QuietComfort Ultra Earbuds」(右側)の360度立体音楽再生を聴き比べてみます

 スマホとペアリングするだけで、360度周囲から聞こえるサウンドに包み込まれる立体音楽再生が楽しめるワイヤレスイヤホンの中から、アップルの「AirPods Pro」とボーズの「QuietComfort Ultra Earbuds」をピックアップします。それぞれの立体音楽再生機能の違いに迫りたいと思います。

アップル「AirPods」とボーズ「QuietComfort」の新製品が誕生

 AirPods Proはアップルによるワイヤレスイヤホンの最上位モデルです。価格は3万9800円。プレッシャーのない自然なアクティブノイズキャンセリングと、周囲の環境音をクリアに取り込める外音取り込みの機能は完成度が高く、iPhoneやiPad、Macなどアップルのデバイスとの連携にも優れています。2023年の秋には充電ケースにUSB-Cコネクタを搭載するモデルが発売されました。

USB-Cコネクタを採用した第2世代の「AirPods Pro」

 QuietComfort(クアイアット・コンフォート)と言えば、ボーズ独自のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するヘッドホン・イヤホンのロングランヒットシリーズです。日本では2001年に最初のヘッドホン「QuietComfort」が発売されました。

Boseイマーシブオーディオに初めて対応した「QuietComfort Ultra Earbuds」

 今回紹介するQuietComfort Ultra Earbudsはシリーズで初めて立体音楽再生に対応した左右独立型のワイヤレスイヤホンです。アクティブノイズキャンセリング機能の効果はとても強力。価格は3万6740円です。

Apple Musicの場合、ドルビーアトモスによる空間オーディオに対応する楽曲を再生するとプレーヤー画面に「Dolby Atmos」のロゴが表示されます

ふたつのイヤホンが採用する立体音楽再生技術とは

 一般的なステレオ(2チャンネル)録音の音源も、良質なハードウェアを組み合わせて聴けば立体的な音場感が得られます。

 一方、最近は「イマーシブオーディオ」や「空間オーディオ」「3Dオーディオ」など様々な呼ばれ方で話題を振りまく、没入型のオーディオエンターテインメントが台頭してきました。天井から、背後からサウンドが迫ってくるような、臨場感あふれる立体音楽再生を楽しむためには、スマホやイヤホンなどのハードウェアが立体音楽再生の技術に対応している必要があります。

 アップルのAirPods Proは米ドルビーラボラトリーズの立体音響技術であるドルビーアトモスによる「空間オーディオ」に対応しています。現在は多くのアップルのデバイスと、Beatsブランドのワイヤレスイヤホン・ヘッドホンで空間オーディオが楽しめます。

 ボーズには「Boseイマーシブオーディオ」という、独自の新しい立体音楽再生の技術があります。これに最も早く対応したワイヤレスイヤホンがQuietComfort Ultra Earbudsです。

立体サウンドにも違いが表れた

 AirPods Proで空間オーディオが楽しめるコンテンツはApple MusicやApple TV+などの配信サービスに揃っています。AirPods Proは様々なBluetoothオーディオに対応する機器と接続できますが、今のところiPhoneにiPad、Macなどアップルのデバイスと接続した時にだけ空間オーディオによる立体音楽再生が可能です。Android版のApple Musicアプリは、AirPods Proによる空間オーディオ再生をサポートしていません。

 対してボーズのQuietComfort Ultra Earbudsは、iPhoneにAndroidスマホ、パソコンなど様々なBluetoothオーディオに対応する機器に接続して立体音楽再生が楽しめます。「Boseイマーシブオーディオ」がイヤホン側の信号処理によってあらゆる音源を「立体化」する技術だからです。

Bose Musicアプリから「イマーシブオーディオ」を選択。「静止」がヘッドトラッキング機能がオンの状態。「移動」にすると音源の定位が固定されたまま立体音楽再生が楽しめます

 Apple Musicで配信されているOfficial髭男dismのアルバム「Editorial」から『I LOVE...』をiPhoneで再生してみます。AirPods Proの空間オーディオはサウンドのバランスに偏りがなく、音場がクリアに見晴らせます。まるでミュージシャンが歌い、演奏するステージに飛び込んでしまったような自然な没入感が味わえます。

 QuietComfort Ultra Earbudsの方はサウンドがより鮮やかで、音の輪郭線が太く描かれる印象を受けます。ボーカルや楽器の音像が前に力強く張り出してくるので、通常のステレオ再生の場合との「違い」は明らかに感じられると思います。

 それぞれのイヤホンによる立体音楽再生は聴き比べてみると違いが見えてきます。どちらの方が心地よく感じられるかは好みが分かれるところかもしれません。

iOSの場合、AirPods Proをペアリングするとコントロールセンターの音量表示がAirPods Proの音量と「音もの」機能の設定メニューに切り替わります。「ステレオを空間化」する機能のオン・オフもここから選べます

Androidユーザーにも立体音楽再生が身近な体験になる

 AirPods Proの場合、iPhoneなどアップルのデバイスでドルビーアトモスによる空間オーディオ対応のコンテンツを再生すれば立体音楽体験が得られるという、アップルによって整備された環境があります。一方、Android側は立体音楽再生が楽しめるデバイスやコンテンツがまだ曖昧です。

 ボーズの独自技術により、あらゆる音源を「立体化」できるQuietComfort Ultra Earbudsが登場したことで、Androidスマホのユーザーにも立体音楽再生が身近なエンターテインメントになります。あまり馴染みのない楽曲ではなく、好きなアーティストの音楽、YouTubeやゲームの音声を立体化してみると、コンテンツのサウンドに没入できる体験の価値も見えてきます。

 なお、AirPods ProをiPhoneにMacなど、アップルのデバイスにペアリングすると「ステレオを空間化」する機能が使えます。

 AirPods ProとQuietComfort Ultra Earbudsには「ヘッドトラッキング機能」もあります。イヤホンを装着したまま顔の向きを変えても、空間の中に音像があるべき位置に定位するので、立体音楽再生の臨場感が一段と向上します。機能のオン・オフを切り替えながら違いを聴き比べてみてください。

   

筆者紹介――山本 敦  オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください