1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

買うならノイキャンイヤホン、ヘッドホン? ボーズやソニーの最新モデルで考察

ASCII.jp / 2023年11月17日 19時0分

ボーズのQuietComfrotシリーズに最新モデルのUltraが登場。左がイヤホン「QuietComfort Ultra Earbuds」、右がヘッドホン「QuietComfort Ultra Headphones」

 ソニーの1000XやボーズのQuietComfort、アップルのAirPodsのように、ワイヤレスのイヤホンとヘッドホンの両方に人気のモデルが揃うシリーズがあります。間もなくやってくるボーナス、年末セールのシーズンに向けて新しく購入するならばイヤホンとヘッドホンのどちらを選ぶべきなのでしょうか? ボーズが10月に発売したQuietComfortシリーズの新製品を例に取り上げながら、考えてみたいと思います。

ボーズ「QuietComfort」からイヤホン・ヘッドホンの新製品が同時発売

 ボーズのQuietComfortシリーズには、ワイヤレスのモデルが登場する以前から独自のアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するイヤホンとヘッドホンがありました。

 今年はフラグシップモデルとして、左右独立型ワイヤレスイヤホンの「QuietComfort Ultra Earbuds」と耳を覆うアラウンドイヤースタイルのワイヤレスヘッドホン「QuietComfort Ultra Headphones」が登場しました。どちらもパワフルな消音効果と、ボーズ独自の立体音響技術である「Boseイマーシブオーディオ」を搭載。クアルコムのSnapdragon Soundに対応したことで、音楽や映画など動画のサウンドも高品位に楽しめます。

 ヘッドホンについては、筆者のようなメガネユーザーが「メガネをかけたまま」でも心地よく装着できたことを報告したいと思います。もちろんメガネのフレームの形状などによっても装着感は変わるので、あくまで筆者の感想ですがご参考まで。ぜひ実機を試着してみてください。

使いたい場面を入念にシミュレーションしよう

 これから買うならば、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスのイヤホンとヘッドホンどちらを選ぶべきなのでしょうか。

 まずヘッドホンとイヤホンでは当然ながら装着スタイルが異なり、サイズも違うことから可搬性に大きな差が出ます。

 耳を覆うヘッドホンの装着スタイルは、日本の場合は秋冬の季節にフィットしますが、蒸し暑い夏に不向きです。コンパクトで防塵防滴仕様のワイヤレスイヤホンはスポーツシーンでも使いやすいメリットがあります。いわずもがな、可搬性の面でもバッグやポケットの中に入れて持ち歩きやすいイヤホンは有利です。

 ボーズの新しいQuietComfort Ultraシリーズは、イヤホンとヘッドホンが同時期に発売されているため各製品間で機能の差がほぼありません。

2023年に発売されたイヤホンの「WF-1000XM5」(左)と、2022年発売のヘッドホン「WH-1000XM5」

 一方でソニー1000Xシリーズの最新モデル「M5(マークファイブ)」は、2022年5月にヘッドホンが発売されてから、約1年が経って今年の9月にイヤホンが登場しています。ゆえに搭載する機能の新鮮味に若干の差があります。例えば新世代のBluetoothオーディオの規格であるBluetooth LE Audioには、本稿執筆時点ではイヤホンのWF-1000XM5だけが対応しています。

ボーズのQuietComfort Ultra Headphonesは人間工学に基づくデザインを長年に渡りブラッシュアップしてきたヘッドホン。しっかりとしたフィット感が得られます

ノイキャン効果に差はあるのか?

 QuietComfort Ultraシリーズのイヤホンとヘッドホンの間で、アクティブノイズキャンセリング機能の効果に違いはあるのでしょうか?筆者の手応えは「イエス」です。ワイヤレスヘッドホンのUltraの方が消音効果は高い、というか安定しています。ヘッドホンの方がイヤーカップでしっかりと耳が覆われるため、パッシブな遮音効果にも富んでいます。

 イヤホンもシリコン製イヤーチップによる耳栓効果が期待できるのですが、長時間身に着けている間に、例えば顎を動かしたりするとイヤホンの装着状態が少しズレて、遮音効果にも影響が及ぶ場合があります。その点、ヘッドホンの方が頭にしっかりと固定しやすいところも特長です。

 一方で、最近はワイヤレスイヤホンが搭載するアクティブノイズキャンセリング機能のパフォーマンスが、数年前と比べて格段に向上しました。飛行機の機内ノイズのような強い騒音も、ヘッドホンに負けないほど強力に打ち消してくれる性能を持つ製品が今は数多くあります。

 飛行機による旅行に出かける際に、ワイヤレスイヤホンは手荷物をコンパクトにできるメリットがあります。かたやワイヤレスヘッドホンは一度のフル充電でより長い時間連続使用ができるので、乗り継ぎを含む長時間の飛行機による移動も安心です。QuietComfortの最新モデルはヘッドホンが約24時間、イヤホンは単体で約6時間です。

ファッション性も大事なポイント

 ヘッドホンにはファッションアイテムとしての魅力が色濃くあります。アップルのAirPodsシリーズは白いボディとスティック型デザインがとてもアイコニックですが、最近ではカラフルな5色を揃えるヘッドホンの「AirPods Max」をスタイリッシュに着こなす若い音楽ファンが増えています。

とても高級なヘッドホンでありながら若い音楽ファンに人気のワイヤレスヘッドホン、アップル「AirPods Max」

 イヤホン・ヘッドホンは「音を聴く」ためのデバイスなので、最終的にはやはり実機を試聴してサウンドが好みに合っているか確かめることが重要だと思います。装着感やノイズキャンセリングの効果もその際一緒に確かめて、納得できる買い物を達成しましょう。

 

筆者紹介――山本 敦  オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください