1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

もしもの時に安心! 最新ポータブル電源の選び方【アウトドアと防災の必需品】

ASCII.jp / 2023年11月29日 7時30分

ポータブル電源

この記事は『週刊アスキー』1447号(2023年7月11日発売)に掲載されたものです。製品情報や発売日、価格などは変更されている場合がありますので、ご了承ください。

アウトドアブームが牽引するポタ電市場 災害時の備えとして大容量・高出力モデルに注目

 ポータブル電源の需要が拡大している。相次ぐ大規模な自然災害の発生による防災意識の高まりに加え、コロナ禍を景気とした車中泊ブーム、キャンプブームが市場拡大に寄与している。

 従来はスマートフォンの充電やアウトドアでのパソコン、ミニ扇風機といった低消費電力機器の利用を目的としているため、小容量・低出力・低価格モデルが人気だったが、ここにきて注目されているのが大容量・高出力モデル。いつも家庭で使っている調理家電や暖房機器が使えるため、アウトドアでもリッチに過ごしたいというニーズや、災害時の備えとして求める動きが出ている。今回、ポータブル電源の選びの基本や使用する際の注意点を解説するとともに、大容量・高出力タイプの注目モデルを紹介する。

最重要ポイントは「用途に応じた出力」であること

 バッテリーを選ぶ際、最初に目を向けるのは容量だ。たくさんの容量があれば多くの機器を長時間使えるとイメージしがちだが、容量が大きければどんな家電でも使えるというのは大間違い。例えばスマホの充電や扇風機といった比較的少ない電力を使う機器ならば問題はないが、ホットプレートや電気ケトルなどを使おうとしてコンセントに差しても動かない! ということがある。そこで重要なのが「定格出力」という数値だ。

 家電には消費電力を示す記載(W)がある。複数の機器を同時に使いたい場合、それらの消費電力を合計すると自分に必要なポータブル電源の定格出力を算出できる。一般家庭のコンセントは1500W(1系統、回路あたり)なので、家庭内と同様に様々な家電製品を使用したいなら、ポータブル電源も定格出力1500W以上のものを選ぼう。さらに、電源を入れた際に瞬間的な電力を必要とする家電製品もある。そのためポータブル電源は瞬間最大(サージ電力)出力の数値が2000Wなど、定格出力の1.5~2倍程度の機種を選びたい。今回紹介するモデルは全て定格出力1500W(瞬間最大2000W)以上のものをセレクトした。さらに、正弦波かどうかにも気をつけよう。1500W以上の機種はほとんどが正弦波を出力するが、カタログに矩形波や擬似正弦波などと書いてある場合には扇風機やTVなどが正常に動かない場合があるので注意が必要だ。

 ポータブル電源の価格は、使用されるバッテリーだけでなく、インバーターと呼ばれる電気の制御、変換パーツや、BMSと呼ばれる安全制御装置などの品質の合計で決まる。「リン酸鉄バッテリー採用により長寿命で安全」という謳い文句も見かけるが、名前も聞いたことのないような怪しげなメーカーのものは、すぐに劣化したり故障することもあるので注意しよう。

 また、バッテリーには廃棄やリサイクルの問題もある。最近、適切に廃棄しなかったことで回収車の中で発火するなどの事故がニュースにもなった。ネットで買った海外メーカーのバッテリーは回収してくれないとか、廃棄の方法がわからないという問題も出始めている。処分のことも考慮すると、国内に窓口がある信頼のおけるメーカーを選ぼう。

 バッテリーは多くの電力を蓄えている高エネルギー体なので、安全対策がされていても取り扱いに注意が必要なものだ。安さだけで選んで後悔することのないようにしたい。

ポータブル電池選びのポイント

●電池の種類

 現在ポータブル電源に使われているリチウムイオン電池は三元系とリン酸鉄系に大きく分類される。3元系はニッケル・マンガン・コバルトを正極に使用するもので、エネルギー密度が高いのでコンパクトにできるほか、発熱が抑えられ、低温時の放電特性にも優れている。リン酸鉄系は熱暴走が起こりづらく、安全性が高い、バッテリー寿命が長いというメリットがあるが、本体が大きく重くなりがち。

●定格出力(W)

 定格出力は、ポータブル電源が安定して出力し続けられる電力のことで、定格出力1000Wとあれば、1000Wの電力を出力し続けられる=消費電力1000Wの電気製品を使用し続けられるということになる。一般的にスマホ充電では15W、ノートパソコンでは30W〜だが、電気ケトルは1200W以上が必要なモデルがあり、定格出力1000Wのポータブル電源では利用できない。家庭のコンセントが1500W(1系統、回路あたり)なので、定格1500W以上の出力なら自宅と同じ感覚で使用できる。

●容量(Wh)

 1000Whなら、1000Wの電化製品を1時間稼働させることできる(理論値)という意味。実際には変換ロスや100%使い切らないでバッテリー切れ表示になるので短くなることが多い。1000Whの容量のポータブル電源なら、500Wの電気ポットを2時間程度動、消費電力50Wの扇風機なら20時間可稼働できることになる。

●出力端子

 ACは家庭用コンセントなのでAC100V対応機器がそのまま動かせる。シガーソケットとDC端子は回路的に1つにまとまっていることが多く、車載冷蔵庫など車用電気機器が利用できる。最近はUSB-CやQi(ワイヤレス充電)パッドが備わってるモデルも登場し、デジタル機器の充電が便利になっている。

ポータブル電源

次世代バッテリーの本命、全固体電池が実用化へ

 トヨタがEV向けに実用化を発表したことで注目が集まっているのが全固体電池。エネルギー密度が高く、小型軽量で長寿命と次世代電池として期待されている。ヨシノパワージャパンが開発したポータブル電源は、三元系とリン酸鉄系のメリットを合わせ持ちながら価格は1.5倍程度。普及はまだ先になるだろうが、将来性に期待が高まるテクノロジーだ。

ポータブル電源

 (次ページ:違いがわかる人には高コスパな「Anker」)

違いがわかる人には高コスパな「Anker」

ガジェット好きにオススメな技術力

 モバイルバッテリーで定評のあるAnkerは、単純なスペックではなく製品のトータルパッケージでの仕上がりでバランスが取れている印象。独自の回路設計や、部品の品質などによる長寿命化やGaN(窒化ガリウム)採用による高効率化など、単純なスペック比較では判断できない部分に注目したい。例えば、ポータブル電源に搭載されているLEDライトはランタンのような広い範囲を照らすものになってるなど、使用シーンをイメージした設計をしている。競争の激しいジャンルであるため、品質と価格のバランスにも苦心しているという。

 一方、昨今課題になっているバッテリーの廃棄・回収に関しては、自社製品に限定されるが、専用窓口で回収を受け付けている。

 今後の製品展開に関しては、既存ラインナップの拡充やブラッシュアップとともに、カバーしていない領域、ジャンルを埋める製品開発に取り組む姿勢を見せる。eufyやNEBULAなどの家電製品とのシナジーや、「Anker EverFrost Powered Cooler」のようなアウトドア向け家電なども、ニーズに応じて開発していきたいとのことだ。

■10年使える大容量バッテリー/リン酸鉄系 「Anker 767 Portable Power Station(GaNPrime PowerHouse 2048Wh) 」

ポータブル電源

 定格出力2000W (瞬間最大2400W)、2048Whと高出力大容量。GaN(窒化ガリウム)を採用することで、変換効率96%と高効率を実現。実効容量(実際に使える容量)も100Wh程度増え、発熱も抑えられるので構成部品へのダメージも軽減できるという。バッテリー、電子部品など含めた耐久性は約5万時間と長寿命化を実現。製品保証は最大5年で、実使用で10年は使用可能という。本体にはLEDのパネルライトを搭載。本体サイズは約52.5×39.5×25cm、重量約30.5kg。

■Amazon.co.jpで購入
  • Anker 767 Portable Power Station (GaNPrime PowerHouse 2048Wh) 長寿命 ポータブル電源 リン酸鉄

■Anker 767の容量を倍増 「Anker 760 Portable Power Station Expansion Battery」

 付属のケーブルでAnker 767 Portable Power Stationと接続することで、バッテリー容量を倍増できる。本体上に重ねて置けるデザインで長時間の使用に対応する。

■Amazon.co.jpで購入
  • Anker 760 Portable Power Station Expansion Battery (2048Wh) 【拡張バッテリー/リン酸鉄リチウムイオン電池】Anker 767 Portable Power Station対応

■最大2.5時間でフル充電 「Anker 531 Solar Panel 200W(Anker 767 Portable Power Station専用)」

ポータブル電源

 Anker 767 Portable Power Station専用のソーラーパネル。200W出力で最大5台並列接続することにより、約2.5時間でフル充電できるポテンシャルを持つ。太陽の位置に合わせて3段階の角度調整が可能。

■Amazon.co.jpで購入
  • Anker 531 Solar Panel (200W)【ソーラーパネル / IP67対応 / 折り畳み式】高効率 Anker 757 / 767 Portable Power Station対応

■5年保証の高コスパモデル 「Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh)」

ポータブル電源

 定格出力最大1500W (瞬間最大2,400W)、容量1229Whと、必要十分なスペック。重量約19kgで持ち運び可能。備えて安心、使って便利な高コスパモデルだ。

■Amazon.co.jpで購入
  • Anker 757 Portable Power Station (PowerHouse 1229Wh) 長寿命 ポータブル電源 リン酸鉄 100V / 1500W

■バッテリー取り外し可能な冷凍冷蔵庫 「Anker EverFrost Powered Cooler」

ポータブル電源

 30Lモデルで42時間の冷却持続時間があり、1泊キャンプで保冷とスマホなどの充電などに対応する。設定可能温度はー20~20℃。4種類の充電に対応。

 (次ページ:急成長するポータブル電源の新星「EcoFlow」)

急成長するポータブル電源の新星「EcoFlow」

豊富なラインアップ/システムで揃える楽しみ

 DJI出身のエンジニアらによって2017年に中国で設立されたEcoFlow Technologyは、わずか5年でポータブル電源市場において世界2位のシェアを誇るまでに成長したユニコーン企業。同社のポータブル電源DELTA Proは「タイム」誌の2021年ベスト100発明品に選ばれた。

 充実したラインナップと整理されたスペック構成は、後発メーカーならではの利点と言える。これからポータブル電源を買いたいという人には目的に応じて選びやすく、迷いにくいのはユーザーにとっても嬉しいポイントだ。

 ソーラーパネルによる充電は各社手掛けているが、ユニークなのはガソリンエンジン搭載のスマート発電機を用意しているなど、継続的な電力供給のシステム、ソリューションが用意されている点。その他にも、ポータブル冷蔵庫やエアコンなどシステムのラインナップが豊富で、今後のラインナップ拡充にも期待が持てる。高コスパな製品ラインナップというだけでなく、勢いのあるメーカーが参入することで市場が活気付き、競争が起こってポータブル電源というジャンルが盛り上がることにも期待したい。

■バッテリー容量を最大3倍に拡張 「DELTA 2 Max 専用エクストラバッテリー」

ポータブル電源

 DELTA 2 Max専用エクストラバッテリーは容量2046Whで、2台まで接続することができ、最大で6144Whまで拡張することが可能。

■Amazon.co.jpで購入
  • EcoFlow DELTA 2 Max 専用エクストラバッテリー 2048Wh ポータブル電源 アプリ対応 急速充電 純正弦波 非常用電源 車中泊 防災グッズ 発電機 家庭用蓄電池 バッテリー キャンプ 蓄電池 エコフロー

■コアシステムとして装備できる電源/リン酸鉄系 「DELTA 2 Max」

ポータブル電源

 定格出力2000W(サージ4000W)、容量2048Whと高出力・大容量。リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用により、3000サイクルで容量80%以上を維持できるとしている。エクストラバッテリーや同社のスマートデバイスに対応し、システムを構築できる。専用アプリで残量チェックや制御が行え、家庭用のバックアップやピークカット、車中泊やアウトドア、ロケなど様々な場面で活用が期待される。サイズは49.7×24.2×30.5cm、重量約23kg。

■Amazon.co.jpで購入
  • EcoFlow ポータブル電源 DELTA 2 Max ポータブル電源 大容量 2,048Wh ポータブル電源リン酸鉄 長寿命 AC出力2,000W(瞬間最大2,400W) X-Boost機能付き 約100分でフル充電 4通りの充電方法 家庭用 アプリで遠隔操作 液晶大画面表示 蓄電池 屋外 バルコニー ソーラー充電 キャンプ/防災/地震停電時に非常用電源節電 50Hz/60Hz切り替え

  • EcoFlow DELTA 2 Max 2048Wh

■「一家に一台」にちょうどいい/リン酸鉄系 「DELTA 2」

ポータブル電源

 定格出力1500W(サージ 2250W)、バッテリー容量1024Whと、レジャーや防災用としてコストパフォーマンスに優れたモデル。X-Boost機能により、出力不足でギリギリ動かなかった家電を動かすことも可能だ。

■Amazon.co.jpで購入
  • EcoFlow ポータブル電源 DELTA 2 リン酸鉄 大容量1024Wh 家庭用 蓄電池 発電機 ポータブル バッテリー AC出力1500W 1000W 急速充電 1.2時間フル充電 アプリ対応 車中泊 アウトドア キャンプ 節電対策 防災グッズ 停電対策

■大出力400Wのソーラーパネル 「EcoFlow 400W ソーラーパネル」

ポータブル電源

 単体で400W、3枚直列で最大1200Wのソーラー充電が可能。大容量のバッテリーも高速に充電できる。非常時の発電のほか、日常でも他の充電と併用する補助的な発電により電気代の節約に貢献する。

■Amazon.co.jpで購入
  • EcoFlow ソーラーパネル 400W 太陽光パネル ソーラーチャージャー 高出力 高変換効率 IP68防水防塵 直列並列可 設置簡単 角度調整可能 折りたたみ式 収納バッグ付き 持ち運べる DELTA全シリーズ対応可能 ポータブル電源充電用 防災グッズ 非常時用

■必要時に自動で起動する発電機 「EcoFlowスマート発電機」

ポータブル電源

 DELTA 2 Maxなどのポータブル電源の電力が低下したら自動で起動して発電するガソリン発電機。アプリでの遠隔操作のほか、AC出力で他の機器への給電にも対応。

■製氷機搭載ポータブル冷凍冷蔵庫 「EcoFlow GLACIER ポータブル冷蔵庫」

ポータブル電源

 庫内スペースを2分割して冷蔵と冷凍を同時に使用できる。さらに製氷機を独立して搭載しているので、保冷スペースを効率的に活用できる。オプションでバッテリーパックが用意されており、最大40時間稼働する。

■Amazon.co.jpで購入
  • EcoFlow GLACIER ポータブル冷蔵庫 38L 大容量 -25℃~+10℃ 冷蔵・冷凍・製氷 1台3役 (GLACIER本体)

 (次ページ:ポータブル電源メーカーの最古参「Goal Zero」)

ポータブル電源メーカーの最古参「Goal Zero」

世界中の過酷な地域で活躍する確かな品質

 GOAL ZEROは、創業者がアフリカなどでNGO活動をしていた際に感じた、「電気が使えない貧困層をなくしたい」という思いで2008年に創業したアメリカのメーカー。以来、ソーラー発電システムと蓄電池の開発、販売を続けている。アフリカなどの途上国では学校建設などでの電源システムを提供しているほか、各地の災害現場にも物資を提供。東日本大震災の際にはソーラー発電と照明のシステムを支援物資として提供した。

 日本ではアウトドア用小型ライトが有名だが、実は2013年には日本でもポータブル電源を発売するなど、早い時期からからポータブル電源に取り組んでいるメーカーである。未開の荒野や災害現場などでの使用を想定しているので、堅牢な作りで耐久性が高いのが特徴。採用するリチウムイオン電池は、EVに採用されるクラスの品質だという。

 また、他社に先駆けて定格出力の高いモデルや、大容量バッテリー搭載モデルを開発するなど高い開発力を持つ。製品単価は今となっては割高で、耐久性能も安価な他社製品と比較すると過剰に感じてしまうこともあるが、防災用として考えると非常に心強い。

■GOAL ZERO随一のコスパモデル/三元系 「Yeti 1500X (120V) Power Station」

 定格出力2000W(サージ電力3500W)、1516Whのバッテリー容量で、豊富な入出力端子、アプリ対応とバランスがよい構成。同社で最もコスパがよいモデルだ。

■業務用にも使用される高品質 「Yeti 3000X(120V) Power Station」

 定格出力2000Wの純正弦波インバーターを備え、3500Wのサージ電力に対応する。豊富な入出力端子を備え、約3032Whの大容量バッテリーを搭載。持ち運び用にキャリーカートを標準装備しているのも特徴だ。ソーラ充電とシガーソケットなど複数充電に対応する他、アプリによるバッテリー残量チェックやポート制御などにも対応する。本体サイズは38.74×25.98×34.54cm、本体重量31.65kg。

■基本を抑えたベージックモデル/三元系 「Yeti 1000X (120V)Power Station」

 定格出力1500W(サージ電力3000W)、バッテリー容量約983Whと、防災用としては必要十分な条件をクリア。レジャーで使いつつ、もしもの時に備えるモデルとして最適。

■高出力で充電効率が高い 「Ranger 300 Briefcase」

 出力300Wとソーラーパネルとしては高出力なモデル。折りたたみ可能でアウトドアへの持ち出しも容易。大容量バッテリーでも1台で充電可能なので、パネルを展開するスペースが少なくて済む。複数台接続でより短時間で充電できる。発電能力(最大出力)あたりの単価では、他社とそう変わらないコスパ感だ。

 (次ページ:ポータブル電源の代名詞的存在「Jackery」)

ポータブル電源の代名詞的存在「Jackery」

ラインナップ拡充で追随を許さない王者

 Jackeryは、「いつでも、どこでも、誰とでも」電源が使えるように、世界中にポータブル電源とソーラーパネルを普及させるというミッションの下、2012年にアメリカで設立、日本では2019年3月から販売を開始している。コロナ禍の中、リモートワークやアウトドアでのニーズが拡大したこともあり、シェアを拡大。現在、ポータブル電源の代名詞的存在として認知されるまでになった。

 可搬性に優れた三元系リチウムイオンバッテリー採用のProシリーズに加え、ユーザーからのリクエストに応える形でコストパフォーマンスに優れたリン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用のPlusシリーズを新たに投入し、レジャーから防災まで多くのニーズをカバーする。

 ポータブル電源の課題の一つに廃棄・リサイクルがあるが、Jackeryでは自社が窓口となり回収、リサイクルしている。修理、サポート体制も含めて日本国内に拠点(日本法人)があるのは、他社(ネット通販メインの海外メーカー)に対して大きな強みだ。同社では「Jackeryを選べばとりあえず間違いない」と言ってもらえるような存在になりたい、としている。

■リン酸鉄系採用でコスパ最高/リン酸鉄系 「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」

 定格出力3000W(最大出力6000W)、容量2042Whとフラッグシップモデルにふさわしいスペック。リン酸鉄リチウムイオンバッテリー採用により、4000サイクルの充放電回数で70%の性能(電池容量)を維持できるとしている。急速充電技術により、約2時間でフル充電可能。EVに採用されるバッテリーと同レベルの性能、品質の部品を採用し、信頼性も高い。アプリで使用状態やバッテリー残量を確認することも可能。サイズは約47.3×35.9×37.3cm、重量約27.9kg。

■Amazon.co.jpで購入
  • Jackery ポータブル電源 2000 Plus リン酸鉄 𝟐𝟎𝟒𝟐.𝟖𝐖𝐡 大容量 最大𝟐𝟒𝐤𝐖𝐡まで拡張 AC出力(3000W 瞬間最大6000W) 2時間 フル充電 節電 停電対策 家庭用 アウトドア用 バックアップ電源 純正弦波 非常用電源 アプリで遠隔操作 キャンプ 車中泊 防災 緊急対策 AC100V 50Hz/60Hz対応 ジャクリ 2000 プラス

■1台の本体に最大5個増設可能 「Jackery Battery Pack 2000 Plus」

 2042Whの容量を持ち、Jackeryポータブル電源 2000Plusのバッテリー容量を必要に応じて拡張できるバッテリーパック。最大10個まで連結可能。

■Amazon.co.jpで購入
  • Jackery ポータブル電源 2000 Plus 拡張バッテリー リン酸鉄 2042.8Wh 大容量 2時間 フル充電 節電 停電対策 家庭用 アウトドア用 バックアップ電源 ポータブルバッテリー 非常用電源

■三元系の高コスパモデル/三元系 「Jackery ポータブル電源 1500 Pro」

 定格出力1800W(瞬間最大3600W)、容量1512Whと必要十分な性能で、本体重量17kgとキャンプなどにも持ち出せる軽量コンパクトさがちょうどよい。

■Amazon.co.jpで購入
  • Jackery ポータブル電源 1500 Pro ポータブルバッテリー 2時間 フル充電 大容量 420000mAh/1512Wh 節電 停電対策 家庭用 アウトドア用 バックアップ電源 純正弦波 MPPT制御 AC (1800W 瞬間最大3600W)/DC/USB出力 四つの充電方法 車中泊 キャンプ 防災 非常用電源 ジャクリ 1500 PRO

■大型パネルで高速充電に対応 「Jackery SolarSaga 200」

 最大200Wの出力を持つソーラーパネルで、複数枚使えばポータブル電源を1日でフル充電できる。大容量のポータブル電源を使う際には一緒に備えたい。

■Amazon.co.jpで購入
  • Jackery ソーラーパネル SolarSaga 200 200W 太陽能パネル 節電 停電対策 IP67 防水 防塵 ETFE ソーラーチャージャー 折りたたみ式 ジャクリ ポータブル電源用 ソーラー充電器 高変換 高効率 薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災

■手で持ち運べるソーラーパネル 「Jackery SolarSaga 100」

 約4kgと軽量で、折り畳めば一人で持ち運ぶことも可能。単体でフル充電は難しいが、いざという時には、使った分を少しでも回復できれば何かと助かる。

■Amazon.co.jpで購入
  • Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W 太陽光パネル USB-C/USB-A/DC出力 折りたたみ式 ソーラーチャージャー ETFE ポータブル電源 充電器 スマホやタブレット 充電可能 高変換効率 薄型 軽量 コンパクト 単結晶 防災 IP65防水 (100W 18V 5.55A) ジャクリ ポータブル電源 対応

 週刊アスキー電子版は、毎週火曜日配信です。BOOK☆WALKER、Kindle、Koboなどの電子書店で最新号を購入できるほか、Newsstandでの定期購読、dマガジン等でもご利用可能です。

 また、アスキーでは、週刊アスキー電子版が読み放題になる「ASCII倶楽部」の会員も募集しています。会員になると毎月定額で2013年からのバックナンバーが読み放題。こちらもぜひお試しください!

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2023Dec...

    611円

    AMAZON

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください