1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

平面ドライバーを搭載するワイヤレスイヤホン ファーウェイとAVIOTの注目機を聴く

ASCII.jp / 2023年11月24日 19時0分

平面+ダイナミックによるハイブリッド方式のドライバーを搭載する「HUAWEI FreeBuds Pro 3」

 今回の新選オーディオプロダクトでは、ファーウェイの新しい左右独立型ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds Pro 3」を取り上げます。本機の特徴である「平面磁界駆動」というあまり聞き慣れない方式のドライバーを採用するイヤホンにどんな魅力があるのか解説します。

平面ドライバーの独自開発に挑戦したファーウェイ

 FreeBuds Proは多彩なラインナップを展開するファーウェイによる、左右独立型ワイヤレスイヤホンのフラグシップシリーズです。2022年に発売された「FreeBuds Pro 2」以来、ファーウェイが独自に開発したマイクロ平面振動板ドライバー(以降、平面ドライバー)と、高音質化を図ったダイナミックドライバーによるデュアルドライバーが搭載されました。

 最新モデルのFreeBuds Pro 3は平面ドライバーが48kHzまでの高音域を受け持ち、11mm口径のダイナミックドライバーが14Hzまでの低音域を含む中低音域をカバー。種類の異なるドライバーによるハイブリッド方式としています。Bluetoothオーディオの高音質コーデックであるLDACをサポートするハイレゾワイヤレス対応のイヤホンです。

 Apple MusicやAmazon Musicで配信されているハイレゾロスレス音源を、LDACに対応するスマホやポータブルオーディオプレーヤーなどに組み合わせて簡単に楽しめます。

平面とダイナミック 異なるドライバーの特徴を解説

 イヤホン・ヘッドホンの心臓部と呼ぶべきドライバーユニットの機構には、電気信号を空気の振動に変換して、音として耳に伝えるために欠かせない振動板が含まれます。ドライバーユニットの様々な駆動方式の中で「ダイナミック型」の振動板は技術的に最も成熟しており、多くの製品に採用されています。

 一方で「平面型」の振動板は古くからヘッドホンに採用されてきましたが、イヤホンのようにコンパクトなオーディオ機器に実装できるほど小さく製造することが極めて困難と言われていました。ところが、筆者が記憶する限りでは平面ドライバーを搭載するイヤホンも2017〜2018年ごろから、国内外のハイエンドブランドを皮切りに登場しました。

 そして近年ではファーウェイのように、左右独立型ワイヤレスイヤホンに平面ドライバーを採用するブランドも現れました。音楽を聴くことだけでなく、音声通話などにも幅広く使うワイヤレスイヤホンに平面ドライバー搭載の製品が出てきたことに筆者も驚いています。

HUAWEI FreeBuds Pro 3の分解図。4つのマグネットで強力にドライブする11mm口径のダイナミックドライバーと、独自開発のマイクロ平面ドライバーを組み合わせたハイブリッド方式としています

 ダイナミックドライバーは振動板がドーム形状であることから「音のにごり」が発生しやすいと言われています。イヤホンにダイナミックドライバーを採用するメーカーは、独自の技術で振動板の素材やコーティング、あるいはドライバーの構造に工夫を凝らして音質を高めてきました。

 かたや平面ドライバーの場合、磁界を生み出すコイルを極薄でフラットな形の振動板に埋め込み、強力なマグネットと電流の力でこれを駆動します。ダイナミックドライバーよりも音に悪い影響を与える振動が生まれにくく、なおかつ平面ドライバーの方が滑らかで微細なニュアンスの表現にも富む音が出しやすいと言われます。

 ダイナミックドライバーの音を「甘いミルクチョコレート」の味に例えるならば、平面ドライバーの音は「香しいジャンドゥーヤ」。そして昨今はダイナミックと平面、ふたつの異なるドライバーを組み合わせてひとつの音に練り上げるハイブリッド方式により、個性的なサウンドを追求するブランドも多くあります。クリーミーなジャンドゥーヤをセンターに、テンパリングしたミルクチョコレートをコーティングして、一粒の美味しいチョコレートに仕上げるような感覚です。

AVIOTのダイナミック+平面ドライバーを採用するワイヤレスイヤホン「TE-Z1PNK」

HUAWEI FreeBuds Pro 3とAVIOT TE-Z1PNKを聴き比べる

 平面とダイナミック。異なる2種類のドライバーによるハイブリッド方式を採用するワイヤレスイヤホンどうしで「音の違い」が楽しめるところにオーディオの醍醐味があります。HUAWEI FreeBuds Pro 3と、AVIOTが発売する平面とダイナミックによるハイブリッド方式のドライバーを搭載するワイヤレスイヤホン「TE-Z1PNK」を聴き比べてみました。どちらもLDAC対応のハイレゾワイヤレスイヤホンなので、ペアリングするスマホはLDAC対応のGoogle Pixel 7にしました。

 ふたつのイヤホンともに、平面ドライバーの特徴を存分に活かした音づくりが魅力的です。原田知世のアルバム「恋愛小説4〜音楽飛行」から『My Cherie Amour』ではボーカルのシルキーな声の質感を確かめながら、バンドの演奏による立体的な音場に心地よく飛び込めます。ピアノにギター、ドラムスなどアコースティック楽器の音がとてもリアルに感じられるので、生演奏を目の前にしながら聴くような没入感に浸れます。

 AVIOTのTE-Z1PNKはより高音域の切れ味が豊かで、ボーカルの輪郭を涼しげに描きます。奥行き方向へ音場の広がりがとても鮮明に感じられます。ファーウェイのFreeBuds Pro 3は音のつながりが驚くほどにスムーズです。ボーカルや楽器の音がとても生々しく、温かな演奏に包みこまれるような夢心地のリスニング感が楽しめます。

似通ったドライバー構成のイヤホンでも、様々な要因によって楽しめるサウンドが変わるところがオーディオの醍醐味です

 2023年は、この2つの製品に代表されるようなハイレベルな左右独立型ワイヤレスイヤホンが豊作の年でした。来年も平面ドライバーを採用するワイヤレスイヤホンに要注目です。

   

筆者紹介――山本 敦  オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。取材対象はITからオーディオ・ビジュアルまで、スマート・エレクトロニクスに精通する。ヘッドホン、イヤホンは毎年300機を超える新製品を体験する。国内外のスタートアップによる製品、サービスの取材、インタビューなども数多く手がける。

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください