1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

サンワサプライ、最大3台出力のドッキングステーション

ASCII.jp / 2023年11月28日 19時30分

 サンワサプライは11月28日、最大3台のディスプレーの映像出力に対応するドッキングステーション「USB-CVDK13」を発売した。価格は3万8500円。

 本製品は、USB Type-C接続のドッキングステーション。

 HDMI映像出力端子を3ポート搭載し、Type-Cケーブル1本で最大3台のディスプレーへ映像出力可能。ディスプレー1台出力時は最大4K/60Hz(3840×2160)解像度、2台出力時は最大4K/30Hz(3840×2160)解像度、3台接続時の最大解像度は各1920×1080までサポートする。

 また、各種USBデバイス、有線LAN、オーディオの接続にも対応。ケーブル1本の抜き差しで一括接続・解除ができるため、パソコンから周辺機器のケーブルを抜き差しする手間が省ける。

 USB Type-C接続でのディスプレー増設「DisplayPort Alternate Mode」に対応しており、ドライバーのインストールが不要。接続するだけで簡単に使用できる。

 さらに、 ノートパソコンの下に置いて使用するスタンドタイプで快適にパソコン入力をしながら省スペースに設置可能。一体型のケーブルは配線に便利な50cmのロングケーブルなので、ノートパソコンの下に通して反対側のポートにも接続できる。

 製品サイズはおよそ幅271×高さ17×奥行き45mmで、製品重量はおよそ240g。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください