1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

12月1日から「使われていないGoogleアカウント」削除が始まる

ASCII.jp / 2023年11月30日 11時15分

 グーグルは12月1日より、2年以上使用されていないGoogleアカウントの削除を、作成されて以降一度も使用されなかったアカウントから段階的に開始する。

スパム・詐欺の温床になる可能性

 グーグルは2023年5月16日(現地時間)に同社のアカウントポリシーをすべてのサービスで2年間に変更。少なくとも2年間使用またはログインされていない場合、そのアカウントとコンテンツ(Google Workspace(Gmail、ドキュメント、ドライブ、Meet、カレンダー)およびGoogleフォト内のコンテンツを含む)を削除する場合があるとしている。ただし、YouTube動画を投稿しているアカウントは削除されない。

 放置されたアカウントは古いパスワードや複数サービス間で同じパスワードを使っていることが多いうえ、二要素認証も設定されておらず、スパム、フィッシング詐欺、アカウントハイジャックなどのセキュリティ脅威になる可能性があるからというのが理由だ。

アカウントをアクティブに保つ方法

 グーグルがアカウントを無効にする前には、少なくとも「メールによる通知」、「(設定している場合)再設定用のアドレスに通知」という形で予告される。

 アカウントを無効にされたくない場合は少なくとも2年に1回ログインするか、下記の方法を実施すればよい。

・電子メールの閲覧または送信

・Googleドライブの使用

・YouTube動画の閲覧

・Google Playストアでアプリをダウンロード

・Google検索の使用

・Googleアカウントでサードパーティのアプリまたはサービスにサインイン

 ただし、Googleフォトだけは別扱いとなっており、Googleアカウントにログインするだけでは保護されない。ウェブ上またはモバイルアプリを通じ、少なくとも2年に1度はGoogleフォトを訪れる必要があるので注意が必要だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください