1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

Bauhutte、ウルトラワイド対応のデュアルディスプレーアーム

ASCII.jp / 2023年11月30日 18時15分

 ビーズは11月30日、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、大型ディスプレー2枚に対応する「ロングモニターアーム BMA-2GSV」を発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は2万5600円前後の見込み。追加用ロングアームも同時発売し、実売価格は1万2800円前後の見込み。

 およそ57cmのショートアームと、最大およそ76cmまで伸展するロングアームの2本のアームを搭載し、ディスプレーの上下縦積み・左右横並べのどちらにも対応する。2枚目はロングアームに取り付けることで、自由に移動させられる。デスク上空のデッドスペースを活用して、上下2画面の配置ができる。また、一般的なアームより可動域が広いため、横幅の広いウルトラワイドの真横にディスプレーを並べることも可能だ。

 ガス圧式リフトを採用し、重たい大型モニターを取り付けていても、軽い力で1人でも楽に上げ下げできるという。また、傾斜角度もマイナス15度~85度と広い範囲で調節できる。

 固定方法は、デスクに傷を付けないクランプ式と、デスクにネジで固定するグロメット式に対応。USBポートを2口搭載し、離れた場所にあるPCやコンセントから給電できる。クイックリリース式を採用し、VESAマウントをアームの先端にはめるだけで取付けられる。対応ディスプレーサイズは34型まで。耐荷重は各アーム2~9kg、全体で25kgまで。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください