モンドセレクション最高金賞の初受賞はわずか8.5% 想像以上に難しい、最高金賞の取得状況について調査

@Press / 2016年6月6日 10時30分

モンドセレクション
 モンドセレクションの公認エージェントである株式会社Foods R&D(本社:東京都豊島区、代表取締役:安達 成明)は、毎年開催されている授賞式の後、6~7月に「モンドセレクションはお金を払えば誰でも金賞が受賞できるのか」という問い合わせが非常に多くなるため、5月30日にハンガリーのブダペストで開催された授賞式にてモンドセレクションの事務局に確認するとともに、日本の2014~2015年の受賞結果の集計調査を実施しました。


■モンドセレクションとは
 1961年当時、欧州でほぼすべての製品評価コンテストが主観と感覚的な判断で評価されており、製品を客観的に審査評価できる公平中立な独立機関が求められているなか、モンドセレクションは、ベルギー王国の国家組織機関、各分野の専門家の指導のもと化学と法規を重視した客観的な審査評価を取り入れ、ジョセフバーゼ氏とジュール・ルネ・コラ氏により「公正中立で独立した品質の審査評価機関」として創立されました。経験ある専門家が、細菌化学分析過程と官能分析過程にて審査評価を行い、客観的に品質を評価された優秀品質賞は、創立から50年以上「品質の証」として世界中の多くの人々に認知され続けています。

〈モンドセレクションに関する調査〉
対象商品:日本企業が受賞した商品1,528品(公開のみ)
対象期間:2014年~2015年(2回の審査)

 受賞者は、受賞結果の公開・非公開を選択することができ、非公開を希望すれば授賞式で配布される受賞リストの統計データに含まれなくなること、また、今回の調査結果によって統計データには連続受賞と連続でない受賞が含まれており、日本の食品飲料4部門の受賞商品数のうち連続受賞は56%もあることがわかりました。


■受賞者が非公開を希望すると、公開されるデータには含まれない
 毎年5月下旬から6月上旬に開催される授賞式に先立ち、まず、4月に受賞者に受賞結果が通知され、その時点で受賞結果の公開・非公開を選択できるため、非公開を希望すれば授賞式で配布される受賞リストの審査の結果として企業名も商品名も掲載されず、統計データの出品総数、受賞商品数のいずれにも含まれていません。なお、非公開の受賞商品数は公開されていません。

■受賞商品数には連続受賞と連続でない初受賞が含まれている
 受賞商品の中には昨年金賞を受賞した商品を2年連続で出品し受賞しているものも含まれています。
 日本の食品飲料4部門の受賞商品数(※公開のみ、2014~2015年)を調べた結果、1,528品のうち、連続受賞が859品、連続でない初受賞が669品で、連続受賞が56.2%も占めています。

▼日本の食品飲料4部門の受賞商品数
https://www.atpress.ne.jp/releases/104553/img_104553_6.png


■食品の金賞・最高金賞の割合が、連続受賞の場合77.2%、連続でない場合は39.8%
 食品部門の日本の受賞商品数(※公開のみ、2014~2015年)を調べた結果、807品のうち連続受賞が443品、連続でない初受賞が364品で、連続受賞が54.9%を占めています。また、金賞・最高金賞の受賞率の割合が、連続受賞の場合は77.2%、連続でない場合は39.8%で、はじめて出品した場合は、連続受賞の場合よりもほぼ半分しかないことがわかりました。はじめて出品した場合の金賞・最高金賞の実際の受賞確率は、非公開希望の商品数も相当数あると思われるため、39.8%よりも低くなると推測されます。

▼食品部門の日本の受賞商品数
https://www.atpress.ne.jp/releases/104553/img_104553_7.png


■誰でも金賞が取れるわけではない
 受賞結果は非公開にすることができ、連続でない場合の金賞以上の受賞率から考えると「誰でも金賞が受賞できる」状況ではないことがわかります。ヒトの体にはいる食品飲料は、味だけでなく、安心安全であることも今後一層求められていく一方、日本には商品の品質を総合的に分析評価する機関がなく、食品表示のルールの改訂レベルにとどまっているなか、消費者の信頼を得るために、製造・販売会社が自社による確認調査だけでなく、第3者の機関に商品の評価審査を依頼する必要性が高まっていくことが予想されます。


■会社概要
商号  : 株式会社Foods R&D
代表者 : 代表取締役 安達 成明
所在地 : 〒170-0013 東京都豊島区東池袋5-7-4-6F
事業内容: モンドセレクション公認エージェント http://mondesupport.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

最高金賞 金賞 銀賞

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング