明治村とSCRAPがタッグを組んで贈る完全オリジナルストーリーのリアル脱出ゲーム、2コース同時開催!

@Press / 2016年8月17日 14時15分

帝国ホテル支配人の華麗なる推理 メインビジュアル
株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は、博物館明治村(所在地:愛知県犬山市、理事長:山本亜土)と共催で、博物館明治村×リアル脱出ゲーム「帝國ホテル支配人の華麗なる推理」を、9月10日(土)から12月11日(日)まで、博物館明治村にて開催いたします。
 本イベントはSCRAPと博物館明治村がタッグを組んで贈る完全オリジナルストーリーのリアル脱出ゲーム。博物館明治村を舞台に、制限時間なく、自身のペースで楽しむことができる謎解きイベントとなっています。秘密を抱えた帝國ホテル宿泊者である、野口英世と樋口一葉の事件を解決することが目的となります。今作は、野口英世編と樋口一葉編の2つのコースに分かれ、どちらからでもお楽しみいただけます。さらに2つのコースを両方解決した方だけが挑むことができる、第3の事件もご用意しております。どうぞご期待ください。

■博物館明治村×リアル脱出ゲーム
「帝國ホテル支配人の華麗なる推理」
~仕組まれた2つの罠~

□ストーリー
私の名は黒井戸 来都(くろいど・らいと)。この帝國ホテルの支配人。
客人の数奇な人生を見届けるのが我が役目。
さあ、好奇心に身をまかせ、部屋をのぞいてみるとしよう。

ある客室では、大男があおむけに倒れ、もがき苦しんでいる。
首筋には何かに咬まれたような小さな傷跡。
容疑は、ホテルに蛇を持ち込んだ客にかかる。
その客の名は野口英世といった。

またある客室では、女流作家が悲嘆にくれている。
書き上げた原稿が、密室から忽然と消えたのだという。
その作家の筆名は樋口一葉といった。

一見、まったく関係なさそうに見える2つの事件。
しかし、この2つの事件は複雑に絡み合い、意外な真実を隠しているのだ。
はたして諸君らは、華麗なる推理でこの怪事件を解決できるであろうか?

□開催日時
2016年9月10日(土)~12月11日(日)9:30~16:30 
※11月は9:30~15:30、12月は10:00~15:30 ※12月5日(月)は休村日

□会場
博物館明治村
愛知県犬山市字内山1番地
TEL:0568-67-0314

□受付
博物館明治村内 帝国ホテル中央玄関(登録有形文化財)※事前予約不要

□料金
野口英世編・樋口一葉編ともに1,300円(税込)※入村料別途必要

□遊び方
1)受付で「野口英世編」または「樋口一葉編」いずれかのコースを選び、謎解きに出発しよう!
  どちらのコースから始めても問題ないぞ。
2)第2章以降の物語を手に入れるため、村内の本物の明治建築を巡りながら推理しよう!
3)集めた情報やヒントを使って、事件を解決に導こう!
4)すべての謎を解き明かし、帝國ホテルの平穏をその手でつかみ取れ!
  2コースとも解決すると、隠された第3の事件に挑戦できるぞ!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング