心理セラピストが創作 “寝かしつけ”に有効な絵本発売 9月22日には読み聞かせセミナーを開催

@Press / 2016年9月1日 10時30分

『ねんねこ コトラ すこやかねんねのおやすみ絵本』 書影
一般社団法人 親と子の心理コミュニケーション協会(事務局:東京都千代田区、以下 当協会)の代表理事 中野 日出美は、お子さんを寝かしつけるシーンで活用できる『ねんねこ コトラ すこやかねんねのおやすみ絵本』(株式会社学研プラス刊)を、2016年9月1日(木)に上梓いたしました。
また、2016年9月22日(木・祝)に読み聞かせセミナーを開催いたします。

『ねんねこ コトラ すこやかねんねのおやすみ絵本』
http://pcpca.org/teachingmaterial/nennekokotora/


■創作の背景
当協会の代表理事 中野 日出美は、これまで17年間、親子関係の改善を図る心理セラピストとして活動し、子供の感情や感覚に働きかけ、短時間で変化させる独自のセラピー手法を開発してきました。
しかし、お子さんの寝かしつけに悩む多くの親御さんから、「ただ寝かしつけるだけでなく、思いやり、想像力、勇気など何か子どものためになる絵本があったら…」「単調で退屈だから眠る絵本では子どもが飽きてしまう」「子どもが興味を持ち、楽しく眠れる絵本を読ませたい」とのご要望をいただいたことから、この度『ねんねこ コトラ すこやかねんねのおやすみ絵本』を創作いたしました。


■3つの特長
1.お子さんのすこやかな眠りを促す効果
本書は、物語の組み立てや言葉づかい、読み方の指示に、心と体がくつろぐ心理学的な数多くの工夫がされているため、聞くだけでお子さんはすこやかに眠ることができます。

2.想像力、共感力、日本語への豊かな感性など、お子さんの能力を育む効果
物語の中で、不思議でユニークなキャラクターたちと出会い、触れ合うことで、お子さんの好奇心は高まり、豊かな想像力と共感力が養われます。
また、主人公のコトラは猫。猫の語源は「寝子」とも言われます。北原白秋作詞の子守歌『ゆりかごの唄』の一節でもある「ねんねこ」の心地よい繰り返しは、美しい日本語のリズムや、言葉が織りなす豊かなイメージへの感性を育みます。『ねんねこ コトラ すこやかねんねのおやすみ絵本』は、親から子へと代々伝えられてきた日本のよき伝統文化を受け継いでいます。

3.親子の絆をより深める効果
親子の温かい読み聞かせタイムは心のスキンシップの時間となり、お子さんのすこやかな心と体を育みます。眠りにつく前にくつろいだ親密な体験を重ねると、親子の絆がより深まります。すると、お子さんは安心して、さらにぐっすり眠るようになります。

@Press

トピックスRSS

ランキング