20代の正社員、8割が将来「副業をしてみたい」スキルアップ、自分で稼ぐ力を身につけたいという考え

@Press / 2017年1月12日 12時0分

8割が副業をしてみたいと回答
株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」(https://www.careertrek.com/)は、正社員として働く20代のキャリアトレック会員に副業に関するアンケートを実施しました(回答者:341名)。
その結果、8割以上が「今後、副業をしてみたい」と回答し、その理由として「副収入を得たい」という回答だけでなく、「自分の力で稼ぐ力を身に付けたい」「スキルアップしたい」という回答が上位にランクインしました。
※アンケート結果や画像を引用する際は「キャリアトレック調べ」とご記載ください。

■8割が 将来の「副業」に興味を示す結果に
政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする方針を打ち出し、企業が就業規則を定める際の参考に使用できる厚生労働省「モデル就業規則」の副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する指針を発表しました。*1
アンケート結果では、現在副業をしているとの回答は1割以下だったものの、今後副業をしてみたいとの回答は8割以上となりました。また、「副業OK」の企業は転職先として魅力的だとする回答も8割以上となり、今後、企業の取り組みや働くことに対する個人の価値観の変化により、将来的に「副業を行うこと」に興味を示す20代がさらに増えることが予想される結果となりました。

*1 「正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換」日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/

■副業をしたい理由は「自分で稼ぐ力を身に付けたい」「スキルアップしたい」
副業をしたい理由としては、「副収入を得たい」という回答に次いで、「自分で稼ぐ力を身に付けたい」という回答が多く集まりました。フリー回答からも、終身雇用や年功序列が当たり前でなくなるとの考えなどから、一つの会社だけでキャリアを築くことを「リスク」と捉えているという回答が見られました。正社員で働く20代にとって、副業は単に収入源を増やすための手段だけではなく、スキルを身に付け、将来のキャリアに対する選択肢を増やすための方法として前向きに捉えられていることが分かりました。

Q. なぜ副業をしたいと思いますか? 当てはまるものを最大3つお選びください。
副収入を得たい 70.0%
自分で稼ぐ力を身に付けたい 43.6%
スキルアップしたい 42.8%
今の会社に依存したくない 42.4%
将来が不安 30.8%
人脈を広げたい 24.0%
社会貢献をしたい 8.8%
その他 2.4%

@Press

トピックスRSS

ランキング