わが国で唯一のビジネスモデル総合誌の最新号が公開 研究と実務の両面からビジネスモデルの底流を探る

@Press / 2017年3月24日 10時0分

Vol.17, No.1, March 2017
わが国における唯一のビジネスモデル総合誌「BMAジャーナル(Business Model Association Journal)」は、最新号を2017年3月24日に公開しました。
今日、事業環境は激変し、企業間の競争は製品や技術というより「ビジネスモデル」へとシフトしています。また、IoTの普及やAIの急激な実用化は新たなビジネスモデルの創出や再編などに大きく影響しています。そこで、とくに近年のもう一つのキーワードである「イノベーション」との関係も意識しつつ、ビジネスモデルとは何か、それは何によって、どのように進化してきているのか、いま、どのような方向に向かおうと考えられるのかという問題意識をもとに最新号にて深耕しています。

BMAジャーナル: http://www.jctbf.org/BMA_J/top.htm


■最新号の内容
最新号(Vol.17, No.1, March 2017)では、大学研究者や関係実務家による独特な視点から、「ビジネスモデルは常に変革・創造される」、「スポーツイベントにおけるビジネスモデルの特性」、「才能教育(スズキ・メソード)とヤマハ音楽教室、そして楽器産業の発展」、「ビジネスモデルの成功には破壊的イノベーションが必要か」、「旅行業界の『供給側の論理』を変える。お客様一人ひとりの『旅を、もっと、自由に』」、「家電ビジネスモデルに新しい波が来るか」、「第7回イブニングセッション『人工知能とビジネス実践の最新動向』」などのコンテンツを提供しています。


■BMAジャーナルとは
BMAジャーナル(Business Model Association Journal)は、日本学術会議指定協力学術研究団体である「ビジネスモデル学会」の学会誌ではありますが、ビジネスモデルをキーワードに、戦略、マーケティング、イノベーション、テクノロジー、HRなど、広範な分野の多様な「論文」のほか、講演録、経験談、インタビュー、新著紹介、エッセーなどの多彩な「非論文」も掲載しており、ビジネスモデルの過去、現在、将来に関心を持つ方に発信し、ビジネスモデルの研究に携わるアカディミア関係者の方と、ビジネスモデルの実務に取り組む各界の実務家の間に研究成果の共有化、学術的知識の体系化や現場へのフィードバックに寄与し、新たなステージの創生に貢献することを目指しています。

BMAジャーナルは国立国会図書館でも正式に登録され(ISSN 2432-1850)、関心を持つすべての方が無料で読むことができる電子ジャーナルです( http://www.jctbf.org/BMA_J/top.htm )。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

Vol.16, No.2, December 2016 Vol.16, No.1, September 2016

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング