介護業界初!『認知症高齢者の徘徊行動をいち早く検出・発見』 介護施設からの離設方向がわかるIoT型見守りシステムを開発

@Press / 2017年6月27日 15時0分

ツクイ×加藤電機 システムの全体像
株式会社ツクイ(本社:横浜市港南区、代表取締役社長:津久井 宏、以下 ツクイ)、加藤電機株式会社(本社:愛知県半田市、本部:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 学、以下 加藤電機)は、認知症行方不明者らの早期発見を目的として介護施設からの離設をいち早く検知し、離設方向が分かる新たな「指向性SANアンテナ」の開発を進めています。この度、検証に成功したことから、製品化に向けて、今夏より宮城県、新潟県内の事業所で初期導入検証を実施した後に、今秋から一般販売を開始する予定です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131624/LL_img_131624_1.jpg
ツクイ×加藤電機 システムの全体像


【開発の背景】
警察庁発表による認知症徘徊者は4年連続で1万人を超え、2016年には15,432人に上り毎年増え続けています。こうした、認知症行方不明者らは自救能力が低く、短時間で捜索発見できない場合、生存率が急激に低下するいわゆる“72時間”の壁が立ちはだかっています。ツクイと加藤電機は、2016年7月から介護施設からの離脱が短時間で検出できる「GEOフェンス型SANアンテナ」の実証を終え、さらに離設方向の確認ができる見守りシステムの開発に成功しました。この新たな見守りシステムを利用することで、介護職員やご家族らは、認知症高齢者の徘徊行動を素早く察知でき、行方不明者がどの方向に出て行ったのか確認できることから、SANレーダーを用いて短時間で捜索・発見ができるようになりました。


【システムの特長】
従来の「GEOフェンス型アンテナ」機能に加えて、離設方向の検出ができる「指向性SANアンテナ」をツクイと加藤電機が開発しました。このシステムにより従来よりも低コストで効率のよい行方不明時位置情報提供を全国各地で簡単に提供できるようになります。この通知・表示機能をNTT西日本の光BOX+ (HB-2000/情報機器)(※)で動作するアプリケーションにより提供予定です。

※ 光BOX+ (HB-2000/情報機器)とはNTT西日本から提供されている、光回線とテレビを接続し、簡単にインターネットにつなげることができるAndroid搭載の情報機器。ご利用には別途回線料金がかかります。
※ 光BOX+ (HB-2000/情報機器)でのインターネット利用には、「フレッツ光」等のブロードバンド回線、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーター等が別途必要です。
※ 光BOX+ (HB-2000/情報機器)の利用には、HDMI端子付のテレビが必要です。
※ 光BOX+は正しくは右上に「+」を表記します。

@Press

トピックスRSS

ランキング