クオント、リスティングオートメーションシステムをGMOペパボへOEM提供開始

@Press / 2017年8月25日 13時0分

クオント、カラーミーショップへリスティングオートメーションのOEM提供
クオント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:足立和久、以下:クオント)は、リスティング広告の自動化システム「Q リスティングオートメーション」のOEM版(以下、本サービス)を、GMOペパボ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤健太郎、証券コード:3633 以下:GMOペパボ)のネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」へ提供致します。これにより「カラーミーショップ」は、ショップオーナーがリスティング広告を簡単に出稿できる新機能「カラーミー広告かんたんリスティング」の提供を2017年8月25日より始めます。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/136156/img_136156_2.jpg



■ 本サービス提供の概要
「カラーミーショップ」は、"低価格・高機能"をコンセプトに、利便性の高い管理者ページや豊富な拡張機能、充実したカスタマーサービスを備えたネットショップ運営サービスです。個人から法人まで、多様なショップに利用されています。
昨今、人々のライフスタイルの中にネットショッピングが浸透しつつあることを背景に、日本のBtoC-EC市場規模は成長を続けており、2016年には前年比9.9%増となる15.1兆円に達し、うち物販系分野では前年比10.6%増を記録しました。 (※)
こうした市場拡大の進む中で、ネットショップのオーナーにおいては、ユーザーに数あるショップの中から自分のショップを見つけ、選んでいただくためにも、潜在顧客との接触機会を増やし、集客を図る施策が欠かせなくなってきています。
中でもリスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードと連動した広告が表示される仕組みのため、ショップに関連するキーワードを設定しておくことで、ショップに関心の高いユーザーにリーチしやすいという特長から、導入のニーズが高まっています。しかし、リスティング広告の運用には、専門的な知識が必要となり、予算管理や入札調整といった細かな作業が必要となるほか、最低出稿額が高額に設定されていることも多く、導入できずにいるショップオーナーも少なくありません。 このような背景から、クオントは本サービスをGMOペパボのネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」に提供致しました。
これにより「カラーミーショップ」は、広告運用の知識がなくても、ショップオーナーが少額から簡単にリスティング広告を出稿できる機能「カラーミー広告かんたんリスティング」を2017年8月25日に提供開始致します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング