「中部ネイチャーシリーズ」9月29日(金)中部7県で「山編」放送!

@Press / 2017年9月26日 9時30分

「槍・穂高」モルゲンロートを見る華恵さん 1
NHK中部7局が2013年から特集している「中部ネイチャーシリーズ」について、今年は北アルプスと白山を舞台に雪と水がもたらす大自然の旅をお届けする「山編」を9月29日(金)に放送します。息をのむ絶景、心おどる発見。中部地方には、日本屈指の自然が広がっており、今年は「山」と「海」それぞれの大自然がみせる奇跡の瞬間を求めて、4人の旅人が絶景の舞台をたずねます。
槍・穂高を旅したエッセイストの華恵さんのメッセージとともに、番組の内容をご紹介します。


◆「槍・穂高と白山~雪と水がつくる絶景をたずねて~」
放送予定:9月29日(金) 総合 午後7時30分~8時43分 <中部7県>

~槍・穂高~旅人:華恵(エッセイスト)
北アルプスの槍・穂高連峰は、日本の3,000m峰21座のうち8座が集まる登山者に人気のエリア。ここには、一部の登山家や山小屋関係者のみが知る“雪と水がつくる絶景”があります。それを作り出すのは大量の雪と雨。最新の研究から、槍・穂高連峰で1年間に降る雪と雨の総量は、日本一と言われる屋久島や大台ヶ原に匹敵することが明らかになってきました。険しい地形と気象条件が生み出す四季折々の絶景、生きものたちの営みを見つめ、雪と水が作り出す知られざる物語を紹介します。

~白山~旅人:工藤夕貴(女優)
石川・岐阜・福井の3県にまたがってそびえ、古くから霊峰として信仰を集めてきた白山。
山頂付近には7つの火山湖、山腹には数多くの美しい滝や渓谷が見られます。その名の由来とも言える冬の積雪は10m以上。夏まで残る雪渓が山を潤し、国内有数の広大な高山植物の花畑や100種類もの蝶や絶滅危惧種の生きものたちを育んでいます。修験者が初めて山頂に登り、社を建ててから今年で1,300年。番組では、雪解けが始まる春から、彩り豊かな景観が見られる夏まで継続的に撮影し、人々を惹きつけてやまない霊峰・白山の魅力を紹介します。


<華恵さんメッセージ>
●ネイチャー流 北アルプスの旅
北アルプスは、高校生のときに西穂高を登って以来これまで10回以上、一番多く登っている地域です。今回冬、春、夏と訪れた山は特に登山者に人気があり、私も登山経験があるのですが、それでも今回、山小屋のご主人や、専門家、大学教授の方々に教えていただきながら、それぞれの季節を通して、見たことのない景色をたくさん知ることができました。登山の難易度もさまざまだったので、これから登山を始める方も、もともと山好きの方も、誰もが楽しめると思いますし、立ち止まるからこそ見られる景色がたくさん登場しますので、皆さんそれぞれに何か発見があると思います。

@Press

トピックスRSS

ランキング