名古屋パルコにて「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)2」2017年12月9日(土)から2018年1月21日(日)まで開催!~危険な生き物、毒たっぷりでお出迎え~

@Press / 2017年11月28日 11時0分

テレビ愛知株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:高橋 美夫)は、2017年12月9日(土)から2018年1月21日(日)まで、サンシャイン水族館(東京都豊島区、館長:丸山 克志)が企画提供した「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)2」を名古屋パルコ西館8階パルコギャラリーにて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/LL_img_143898_1.jpg
メインビジュアル

URL: http://www.tv-aichi.co.jp/moudoku/

中部地区初の開催となる本展覧会は、展示生物をすべて一新。「防御するための毒を持つ生物」「毒を利活用する生物」「死亡例のある生物」の3つのコンセプトをベースにゾーン分けをし、毒を持つ生き物たちをご紹介します。

タンパク毒を持ち体長40cmを超える個体も存在するムカデの最大種「ペルビアンジャイアントオオムカデ」や、観賞魚としての人気も高いがタンパク毒をもつ淡水エイの「ポルカドットスティングレイ」、陸ガメで唯一毒を持つ「ミツユビハコガメ」、強力な毒針と顎を持つ「パラポネラ」などを展示予定です。さらに今回は「見る」だけでなく、「触ふれる」「嗅ぐ」などの体験があり、五感で『毒』を感じることができる内容です。

内容:下記の3つのコンセプトをベースにゾーン分けをして、毒を持つ生き物たちをご紹介します。
◇魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~
暗く鬱蒼とした「魔女の毒薬調合室」をイメージした室内には、ヤスデやムカデなどをはじめ、カエルや淡水エイなど外見も毒々しい生き物たちを展示します。

◇マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物~
マッドサイエンティストの研究室をイメージした室内には、毒ヒレや毒牙をもつ魚類や強毒のクラゲ、陸ガメの中で唯一毒をもつハコガメなど、様々な生き物たちを展示します。また、ここでは3,000種類の香りを操る女性・匹田愛さん(プロモツール株式会社調香師)が実際にスカンクの臭腺を嗅いで調香した「スカンクの分泌液の臭い」を体感いただける仕掛けを予定しています。

◇レッドゾーン~死亡例のある生物~
人を死に至らしめることもある危険な毒生物を展示する「レッドゾーン」には、食中毒の原因となるフグの仲間や刺されると激痛が走る弾丸アリことパラポネラ、毒針を持つエイなど、最恐レベルの毒生物たちが勢揃いします。

◆展示している生き物の一例◆
【ポルカドットスティングレイ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_2.jpg
毒レベル:★★★★
白い斑点が特徴的な、淡水に生息するエイ。
尾には尾棘(びきょく)と呼ばれる毒針を持っている。危害を加えない限りは攻撃しないが、触れるとエイが驚き、尻尾を上げて攻撃するため、刺される事がある。
痛み、腫れ、めまい、呼吸困難、痙攣などの症状を引き起こす。

【ツムギハゼ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_3.jpg
毒レベル:★★★★★
300℃の加熱をしても毒性を保つ青酸カリの約1,000倍のフグ毒(テトロドトキシン)を持つハゼ。食べると死をもたらすため、昔は野ネズミの駆除に使われていたとか。

【タンザニアオオヤスデ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_4.jpg
毒レベル:★★
ヤスデ界では世界最大。恐ろしげな外見だが、落ち葉やキノコ、動物の死骸等を食べる森の掃除屋。
温厚な性格だが、刺激を加えると危険を感じ取り、強烈な臭いを放つオレンジ色の毒液を噴出させる事がある。液が皮膚や目などに付着すると、痛みを感じ、爛れることも。

【パラポネラ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_5.jpg
毒レベル:★★★
中南米の森林に生息する、体長が2cm以上もある大型アリ。強力な毒針と顎を持ち、刺されると銃で撃たれたような激痛が24時間続くことから「弾丸アリ」とも呼ばれている。

【チョウセンスズガエル】
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_6.jpg
毒レベル:?????
背中は緑色、お腹は赤色、全身に広がる毒々しい斑模様の皮膚には刺激性の強い毒が。毒に触れた手で目などをこすると激しく痛むので要注意!


◆グッズ販売◆
(1) もうどく展2コラボレーションポップコーン…各540円
[MIX]魔女の秘薬ポップコーン(フルーツミックス味)
[緑]研究所の新開発ポップコーン(ホワイトチョコ味)
[赤]レッドゾーン最恐ポップコーン(ストロベリー味)
[X’mas MIX]名古屋会場限定!(ショコラ&ホワイトチョコ&ストロベリー味)
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_7.jpg

(2) もうどく展2オリジナルラバーキーホルダー(全3種)…各486円
・コバルトブルータランチュラ
・ミツユビハコガメ
・シマスカンク
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_8.jpg

(3) もうどく展2オリジナル缶バッジ
魔女の毒薬調合室・マッドサイエンティストの研究室・レッドゾーン(全3種)…各378円
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_9.jpg

(4) もうどく展2オリジナルiPhoneケース(6/6S/7 対応)
魔女の毒薬調合室・マッドサイエンティストの研究室・レッドゾーン(全3種)…各1,080円
https://www.atpress.ne.jp/releases/143898/img_143898_10.jpg


◆イベント概要◆
会期 :2017年12月9日(土)~2018年1月21日(日)
時間 :10:00~21:00 ※入場は閉場の30分前まで
※12月31日(日)は19時終了 ※1月1日(月・祝)は休館日。
会場 :名古屋市中区栄3-29-1
名古屋パルコ西館8階パルコギャラリー
お問い合わせ:052-243-8600(テレビ愛知事業部)
入場料 :当日券800円/前売券700円(どちらも税込) ※3歳以下無料
Pコード 991-357
主催 :テレビ愛知 名東水園
後援 :名古屋市教育委員会


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング