「バイエル ライフ イノベーション アワード2017」大賞受賞企業が決定イノベーションによって豊かな時間をもたらす “ミライ創出力”をテーマに選考

@Press / 2017年11月29日 14時30分

大阪、2017年11月29日 ― バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:ハイケ・プリンツ、以下バイエル薬品)は、「バイエル ライフ イノベーション アワード 2017」の大賞、ならびに独創特別賞、生活貢献特別賞の各賞を決定、11 月28 日(火)に、東京にて表彰式を開催しました。


「バイエル ライフ イノベーション アワード」は、新規上場(IPO)した企業の中から、事業分野を問わず、革新的な技術・アイデアで人々のよりよい暮らしに貢献し、新しい価値を創造した企業を称え、今後の成長・発展を支援、人々の生活の質向上に繋がる新たなイノベーション創出をサポートすることを目的に2015年に設立、今回で3回目の開催となります。本年度は、2016年11 月1 日~2017 年10 月末日までにIPO された約80社から、人々の豊かな暮らしへの貢献、事業の独創性、今後の展開を基準に選考し、大賞、独創特別賞、生活貢献特別賞を決定いたしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/144360/img_144360_2.jpg

株式会社インターネットインフィニティーの大賞受賞について、審査委員長である延岡健太郎氏は次のように述べています。
「大賞に輝いたインターネットインフィニティー社は、軽度の要介護者を対象に運動プログラムを行うデイサービスを通して、高齢者の心も体も元気にする事業を展開しています。超高齢化社会がせまるなか “健康寿命の延伸”という、我が国の課題解決につながるサービスであることが受賞のポイントになりました。 “ライフ イノベーション アワード”は、よりよい暮らしの実現につながる工夫やアイデアによって生まれる価値に注目しています。人々の生活向上を目的としたイノベーションには大きな意義があります。本アワードを通じ、よりよい暮らしを支える仲間が刺激し合える場を提供し、今後の日本におけるイノベーションの創造・発展を支援し続けてほしいと願っています」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/144360/img_144360_1.jpg
左から、審査員の大草直子氏、湯浅智之氏
<生活貢献特別賞>シェアリングテクノロジー株式会社 篠昌義氏
<独創特別賞>株式会社ほぼ日 篠田真貴子氏
パネルを挟んで中央から
<大賞>株式会社インターネットインフィニティー 別宮圭一氏
審査員長の延岡健太郎氏、審査員のハイケ・プリンツ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング