サテライトオフィス、LINE WORKS 導入企業向けにブラウザ切替機能を提供開始 サービス名:サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for LINE WORKS

@Press / 2018年1月12日 9時45分

クラウド環境、サテライト環境でのビジネス支援に特化したインターネットシステムソリューションベンダーである株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊 http://www.sateraito.jp/ )は、ビジネス版LINE「LINE WORKS」導入企業向けに、サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for LINE WORKSを開発し、提供開始したことを発表します。

サービス名:サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for LINE WORKS

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/147008/LL_img_147008_1.jpg
サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for LINE WORKS


サテライトオフィスは、LINE WORKS導入支援の中で、LINE WORKSで利用可能なシングルサインオン機能、ワークフロー機能、掲示板/回覧板機能、ドキュメント管理機能、CRM機能、タイムカード/勤怠管理機能、安否確認機能等を無償/有償提供しております。今回は、LINE WORKS導入企業から要望が多かった、ブラウザ切替機能を開発し、LINE WORKS導入企業向けに無償/有償で提供します。SaaS型による有料版は一人当たり月額100円(消費税別)となります。

ブラウザ切替機能は、管理者が設定したURLを開くと、あらかじめ設定された Google Chrome 、Microsoft Internet Explorer(IE)などのブラウザが自動的に起動し該当のURLを表示します。LINE WORKSを開くときは Chrome で開き、基幹系や既存システムを開くときはIEで開くなどの設定が可能です。


<サテライトオフィス・ブラウザ切替機能 for LINE WORKSの機能概要>
管理者がURLを設定することにより、下記が可能になります。
・該当URLを開いた場合、IE→Chromeを開く
・該当URLを開いた場合、IE→Chrome(シークレットモード)を開く
・該当URLを開いた場合、IE→Firefoxを開く
・該当URLを開いた場合、Firefox→IEを開く
・該当URLを開いた場合、Firefox→Chromeを開く
・該当URLを開いた場合、Firefox→Chrome(シークレットモード)を開く
・該当URL以外を開いた場合、Firefox→IE/Chromeを開く
・該当URLを開いた場合、Chrome→IEを開く
・該当URLを開いた場合、Chrome→Chrome(シークレットモード)を開く
・URLは、正規表現などで指定することが可能です。(例: http://mail.goolge.com/a/* )
・ポータルで基幹系システムリンクを貼るとIEで開くことが可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング