アミューズ運営のオンラインショップ「A!SMART」、会員向けコミュニケーション基盤としてアクティブコアのマーケティングクラウドサービスを採用

@Press / 2018年2月7日 11時0分

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、ミュージシャンや俳優など多くのアーティストが所属する総合エンターテインメント企業の株式会社アミューズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:畠中達郎、以下 アミューズ)の運営するオンラインショップ「A!SMART(アスマート)」へ、会員向けコミュニケーション基盤として「activecore marketing cloud (アクティブコア マーケティングクラウド)」(※1)が採用されたことを発表いたします。

(※1)activecore marketing cloud:企業内の基幹データやWeb行動ログ、外部データといったマーケティングデータを収集・蓄積・統合・抽出し、AI/機械学習も利用した顧客軸でのデータ分析からレコメンド・マーケティングオートメーションまでが一つにつながったクラウドベースの統合型ソリューション。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/148054/LL_img_148054_1.png
「activecore marketing cloud」活用イメージ

■導入に至った背景
アミューズは、アーティストのオフィシャルグッズやCD、映像作品とともに独自セレクトの生活雑貨や食料品等の様々な商品を販売しているオンラインショップ「A!SMART(アスマート)」を運営しています。「A!SMART(アスマート)」では、これまで定期的な新着情報の案内メールや過去の購買商品から関心のあるアーティストを判別したセグメントメールを配信することで、会員とのリレーション構築を実施してきました。今後さらなるメール施策の強化に向け、会員一人ひとりの直近の興味・関心や検討ステータスはもちろん、これまでメール施策ではあまり利用されていなかった会員ランクや保有ポイントを活用した多角的なコミュニケーションを実現するため、「activecore marketing cloud」を導入いたしました。


■Web行動履歴データと会員情報を活用した、より精緻なパーソナライズの実現
「activecore marketing cloud」を導入し、過去の購買実績とともにWeb行動履歴データを活用することで、会員一人ひとりの直近の興味関心からお薦め商品を訴求するレコメンドメール、カートに商品を放置している会員に対するカート落ちメールの実施が可能になりました。さらに、会員ランクや保有ポイントを活用することで、過去1年以上サイトへアクセスがない会員にのみポイント付与を行う休眠掘り起しメールの配信や保有ポイント数の多い会員に対して高額商品に絞ったレコメンドメールを配信するなどの施策が実現できるようになります。

@Press

トピックスRSS

ランキング