お金を「おくる、もらう、はらう」がすべて無料のスマホアプリ「pring(プリン)」を正式リリース

@Press / 2018年3月8日 11時0分

株式会社pring(プリン)(所在地:東京都港区、代表取締役CEO:荻原 充彦)は、お金を「おくる、もらう、はらう、チャージ、口座に戻す」がすべて無料の新サービス「pring(プリン)」を2018年3月8日(木)に正式リリース。iOS版アプリダウンロードを開始しました。
「お金から、なかよく。」をコンセプトに、加速するキャッシュレス社会で消費者のお金のやりとりを活性化させます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151459/LL_img_151459_1.png
お金から、なかよく。やりとりをする相手を選んで、金額を入力するだけでお金が移動します。

■アプリのダウンロード → https://tap.ma/KaAU99CY
■サービスについて詳しく → https://goo.gl/Em8vki


【お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」の概要】
◆pringはお金コミュニケーションアプリです
例えば、立て替えていたお金を返してもらうとき。相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、簡単にお金のやりとりができるアプリです。もちろんお店で会計をする時もスマホをかざすだけでサッと便利。

◆いつでもどこでもお金のやりとりが簡単。銀行口座直結でスムーズです
友人や知人・離れて暮らす家族と、アプリ内でお金のやりとり。
対面の相手への送金もQRコードを見せて、読み取ってもらうだけ。
お店での支払いもQRコードで簡単支払い。
アプリ内にチャージするのも銀行口座から直接引き落とし。
アプリ内のマネーを直接銀行口座に戻して現金化することも。
銀行口座と直接つながっているのでスムーズです。

◆正式版pringでは以下の機能を全て無料で行うことが可能です
(1)アプリへのチャージ
銀行口座から直接アプリにお金をチャージすることができます。
リアルタイムでチャージができるので、必要になったその場でお金をチャージすることが可能。
また、オートチャージ機能を設定することにより、残高不足になる心配もありません。

(2)アプリ内での送金・リクエスト(請求)
アプリ同士での送金・リクエスト(請求)を3タップで簡単に行うことができます。
操作はとても直感的で、アプリ内の「おくる」「もらう」ボタン、またはホーム画面上部のユーザーアイコンをタップすることでお金のやり取りを始めることができます。
また、アプリを利用をしていない人にも、QRコード・LINE・SMS経由で送金をすることが可能です。(お金の受け取りには別途pringの登録が必要になります。)

(3)アプリ内マネーの現金化
やりとりしたお金は、ご自身の銀行口座に戻すことが可能です。
銀行営業日12:00PMまでのお申し込みは、当日15:00までにご指定の口座に戻すことができます。

(4)QRコード支払い
アプリ内の読み取り画面で、pring加盟店のQRコードを読み取ることで簡単に支払いをすることができます。
小銭のやり取りがなくなるので、素早く支払いができ、面倒なお釣りのやり取りも必要なくなります。
(加盟店は順次拡大予定です。)


【会社概要】
会社名 :株式会社pring
所在地 :〒108-0073 東京都港区三田1-4-1 住友不動産麻布十番ビル 3F
事業内容:お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」の企画、開発、運営


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング