当社仲介で不動産を購入されたお客様へ新サービス提供 『リバブル確定申告会』を開催し約520組の確定申告を完了 

@Press / 2018年3月22日 12時0分

東急リバブル株式会社(代表取締役社長:榊 真二、本社:東京都渋谷区)は、当社の仲介で不動産を購入されたお客様向けに『リバブル確定申告会』を合計18回開催し(2018年1月~2月)、約520組のお客様の確定申告を完了するという新たなサービスを提供いたしましたのでお知らせいたします。

住宅ローンを組んでマイホームを購入したお客様に適用される「住宅ローン控除」の利用には、確定申告が必要となります。しかし、多くのお客様にとっては、確定申告の手順や必要書類の用意には不慣れで、ご自身で完了させることに不安を感じます。昨年まで当社では、その不安を軽減するために『確定申告書 書き方セミナー』を開催しておりましたが、セミナー受講後、改めて税務署にて申告する必要がありました。そこで今年、お客様に不安と負担を同時に解消していただくために、確定申告をその場で完了させることができる新サービス『リバブル確定申告会』を開催し、合計約520組のお客様にご参加いただきました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/152503/LL_img_152503_1.jpg
リバブル確定申告会の様子

『リバブル確定申告会』について
■マイナンバーカードを利用した「電子申告(e-Tax)」で所要時間は約1時間半
お客様に確定申告会をご案内の際、マイナンバーカードの交付手順についても併せてご案内。お客様からのお問い合せにも対応するなど、マイナンバーカード取得をサポートし、確定申告会に持参いただきます。※申請済で交付が間に合わなかった一部の方を除きます。
確定申告会当日は税理士の案内に従って手続きを進めていただき、お客様は繁忙期の税務署に出向くことなく、約1時間半(贈与税の申告もある場合は約2時間)で確定申告を完了させることができます。

■持ち物はマイナンバーカードと必要書類のみ
https://www.atpress.ne.jp/releases/152503/img_152503_2.jpg
当社にて、e-Taxに必要なパソコンとマイナンバーカードのカードリーダーを準備するため、お客様は、マイナンバーカードと事前にお知らせした必要書類を持参いただきます。
マイナンバーカードの利用により、本人確認書類や源泉徴収票の税務署への送付は不要となります。


今年は首都圏のお客様を対象に開催しましたが、参加されたお客様の満足度も高いため、来年以降は開催回数の増加や地方・関西エリアへの拡大も検討し、当社をご利用いただくお客様のニーズにお応えするサービスとして継続実施してまいります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング