フジワラ産業、旗自動掲揚収納装置を発売 国旗などの掲揚/収納を自動化し、旗管理の負担を軽減

@Press / 2018年4月12日 8時0分

水処理装置および津波避難タワーなどの各種災害対策施設・機器を開発・販売している環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業株式会社(本社:大阪市、代表取締役:藤原 充弘)は、このたび旗自動掲揚収納装置(以下「本装置」)を開発、販売を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154232/LL_img_154232_1.jpg
旗自動掲揚収納装置

■本装置の特徴
本装置は、旗ポールの頭頂部にジャバラ型収納装置を取り付け、設定した日時にジャバラ型収納装置を自動的に開閉して旗を掲揚/収納することができます。年間を通して、開閉の日時を設定することができ、一度設定すれば、掲揚/収納忘れや祝日に国旗掲揚のために出勤する必要がなくなり旗の掲揚/収納業務から解放されます。五輪を2年後に控え、また海外からの観光客も急激に増加するなど、日の丸を掲げる習慣を広めることがますます大切になっています。責任者の方に負担をかけることなく、定められたときに自動的に旗を掲揚することができる本装置により旗を掲揚する習慣をぜひ広めてゆきたいと考えています。

旗を自動的に掲揚・収納する装置は、他社には例がなく、横浜市鶴見区役所様からこの点を評価いただき、庁舎屋上に設置することができました。これを契機に、官公庁様、民間企業様、各種幼稚園や小・中・高等学校など各種教育施設様、体育施設様などを対象にご利用を訴えてまいります。また、本装置はユニークな形状や動作、オプション機能を備えており、イベントや広告分野でもご利用いただくことができます。


■主な仕様と価格
1)主な標準仕様
・掲揚/収納日時設定:1年分まとめて設定可能
・降雨時に自動収納可能
・旗の取り付け部の昇降により簡単に旗が交換可能
・高さ(ポール長)5m、ステンレス製、総重量約190kg(高さ変更対応可)

2)オプション仕様
・頭頂部にLED照明取り付け(夜間照明や広告に利用)
・ジャバラ部のカラー選択、会社名や製品名などを文字入れ可能
・音楽再生装置と組み合わせて曲に合わせて掲揚(開旗)が可能

3)標準価格
・180万円(標準仕様価格。運送費、設置工事費、電気工事費などの諸費用は含まず。)

掲揚時イメージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/154232/img_154232_2.jpg
収納時イメージ: https://www.atpress.ne.jp/releases/154232/img_154232_3.jpg


■既存の旗掲揚ポールを利用した旗自動掲揚収納装置
本装置は既存の旗掲揚ポールに取り付ける仕様ではありませんが、既存のポールに取り付けができる収納装置も販売しておりますので、併せてご検討ください。(お問い合わせは下記まで)

<本件に関する連絡・お問い合わせ先>
フジワラ産業株式会社 防災営業部
Tel : 06-6586-3388
Fax : 06-6586-1177
E-mail : info@fj-i.co.jp


■会社概要
社名 : フジワラ産業株式会社
代表者 : 代表取締役 藤原 充弘
所在地 : 大阪市西区境川1丁目4番5号
設立 : 1980年7月
資本金 : 3,000万円
従業員数: 44名
URL : http://www.fj-i.co.jp/
E-mail : info@fj-i.co.jp

<主要製品>
水処理装置 :モノレール式汚泥かき寄せ装置、
「フジフロート」スカム除去装置、他
防災設備機器:津波避難タワー「タスカルタワー」、垂直起立式可動ゲート、
地震対策家具(「安心防災ベッド枠」、「防災シェルター」など)、
災害救助用具セット、他


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング