アニエスベーがサポートするタラ号が2018年5月に日本再来航 三豊市、神戸市、東京都の港にてイベントを開催

@Press / 2018年4月25日 11時15分

アニエスベーが2003年に設立しメインスポンサーとして15年間にわたりサポートしているタラ号は、世界中を航海し、気候変動や海洋環境の調査・研究を行う一方で、人々に環境保護の必要性を呼びかける啓発活動も行っています。2017年春には、太平洋のサンゴ礁を研究する<タラ号太平洋プロジェクト(2016年-2018年)>のため日本に初来航し、その後、台湾から南太平洋の島々や中国、コーラルトライアングルと総称されるソロモン諸島など約33,000kmに及ぶ航海を経て、母港のフランス・ロリアンに帰港する前の2018年5月に日本へ再来航します。
今年の寄港地である、三豊市、神戸市、東京都の各港では、小学生から大人まで地元の方々を招待し、海洋に対する理解を深めていただくために、タラ号のこれまでの航海や研究についてなど、船員たちから直接聞くことができる機会がもうけられます。タラ号の再来航にあわせ、昨年NHKで放送されたタラ号のドキュメンタリー番組の再放送も決定しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155207/LL_img_155207_1.jpg
【アニエスベー】タラ号画像

『海洋アドベンチャー タラ号の大冒険2 ~太平洋横断 サンゴの危機を救え!』
再放送:5月5日(土) NHK総合 1:40am~2:53am【5月4日(金)深夜】


【寄港情報】
<三豊(香川県)>
仁尾マリーナ 5月5日(土)~5月8日(火)

<神戸(兵庫県)>
神戸港 5月9日(水)~5月12日(土)

<東京>
竹芝小型船発着所 5月15日(火)~5月19日(土)

<タラ号に関するお問い合わせ先>
タラ財団 infojp@taraexpeditions.org


【イベント情報】
■三豊(香川)
今回の三豊への寄港は、2017年の日本への寄港時にタラ号に乗船した『瀬戸内国際芸術祭2013・2016粟島』の参加アーティストである日比野克彦さん(東京藝術大学教授 美術学部長・研究科長) との繋がりによって実現しました。

・大小島真木アート作品展
タラ号に乗船したアーティストの大小島真木さんがタラ号から得たインスピレーションをもとに制作したアート作品展を開催します。タラ号の活動を紹介するパネル展も同時開催。
日時:5月5日(土)~5月8日(火)
場所:仁尾マリーナ 2階喫茶室

■神戸 (兵庫)
・神戸大丸期間限定ショップ
タラ号の来港を記念して、タラ号をサポートするアニエスベーの期間限定ショップを開催します。
日程:5月9日(水)~5月15日(火)
場所:大丸神戸店 1F メインステージ横特設会場

・タラ号船長と科学者によるトークショー
日時:5月12日(土) 14:00~/16:00
場所:大丸神戸店 1F メインステージ
参加:自由

・乗船体験
1回当たりの所要時間は30分、各回定員30名で先着応募順となります。締め切り期日前でも定員に達し次第、締め切りとなります。
日時 : 5月11日(金) 午前の部10:00~12:00/午後の部14:00~17:00
5月12日(土) 午前の部11:00~12:00/午後の部14:00~17:00
場所 : 神戸港/かもめりあ中突堤中央ターミナル
参加 : 以下応募フォームより要事前応募、参加無料
応募フォーム: https://bit.ly/2qLsPDZ
応募締め切り: 4月30日(月)

・ドキュメンタリー映画『タラ号 珊瑚の冒険』上映
日時:5月11日(金)・5月12日(土) 各日13:30開演 (13:00受付、13:15開場)
場所:神戸映画資料館

■東京
・サンゴ礁保護の一般周知問題 シンポジウム
日時:5月15日(火) 13:00~16:00
場所:筑波大学茗荷谷キャンパス
参加:自由

・乗船体験
1回当たりの所要時間は30分、各回定員30名で先着応募順となります。締め切り期日前でも定員に達し次第、締め切りとなります。
日時 : 5月19日(土) 10:00~12:00
場所 : 竹芝小型船発着所
参加 : 以下応募フォームより要事前応募、参加無料
応募フォーム: https://bit.ly/2qWEi4v
応募締め切り: 5月13日(日)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング