脱毛ラボが『皮膚色素計測器』を今夏導入 お客様のお肌の色素に合わせて、照射パワーを使い分け!

@Press / 2018年7月24日 11時0分

月額制全身脱毛の先駆者と知られる全身脱毛革命サロン・脱毛ラボ(運営:株式会社セドナエンタープライズ、所在地:東京都港区、代表取締役社長:小杉 裕之)は、2018年6月より国内全店舗にて「皮膚色素計測器」の導入をスタートいたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161659/LL_img_161659_1.jpg
皮膚色素計測器を導入:脱毛ラボ


「皮膚色素計測器」は、肌メラニン量と赤み(紅班)を測定するもので、計測器で測定した肌のメラニン色素量に応じて、脱毛マシンの照射パワーおよびスピードを使い分けます。
そのうえで、脱毛ラボでは「S.S.C脱毛」と「SHR脱毛」の2機種のマシンを採用しておりますので、肌のメラニン色素量に応じてマシンの使い分けまで、行ってまいります。
これにより、お客様にとって「最適な照射速度」「最適な照射パワー」「最適な脱毛法」が可能に!
エステ脱毛の効果を最大限引き出し、お手入れすることが可能になりました。

S.S.C脱毛は、抑毛ジェルを肌に塗布し、光を照射することで、毛を細くしていく脱毛法です。
抑毛ジェルの効果で肌へのダメージを考慮しており、痛みの感じ方も他の脱毛法と比べ物にならないほど軽減されています。
またSHR脱毛は、メラニンに反応せず、毛包に直接アプローチするため、今までS.S.C脱毛では照射できなかった日焼け後の黒い肌や、反応しづらい金髪・白髪・産毛にも活躍してくれる脱毛法になります。

今回導入した「皮膚色素計測器」で導き出された測定結果に、この2種類の脱毛法でアプローチすることで、エステ脱毛のサービスをより高めて、脱毛ラボに通っていただくお客様への脱毛効果実感を向上させていきます。

創業以来32万人の肌と向き合ってきた、脱毛ラボならではの新しいサービスを、今後も展開予定です。


▼脱毛ラボとは?
国内外58店舗の全身脱毛専門サロン。(※シーズHDグループとしては全国エステ88店舗展開中)
道端アンジェリカ・藤田ニコルの2人がイメージキャラクターを務めることで知られている、元祖・月額制全身脱毛サロン。
新入社員入社式がニュースで取り上げられるなど、話題に事欠かない。
2017年12月よりドクターシーラボで知られる東証一部上場企業シーズHD傘下グループ企業として、運営中。
一般社団法人日本エステティック経営者会(JEM)認定サロンでもある。


その他脱毛ラボ詳細に関してはこちら→ https://datsumo-labo.jp/campaign/monthly/


■会社概要
社名 : 株式会社セドナエンタープライズ(シーズHDグループ)
所在地: 〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー16F
資本金: 10,000,000円
株主 : シーズHD 100%
代表者: 代表取締役社長 小杉 裕之
URL : http://datsumo-labo.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング