子育て世帯や若年夫婦などの若年層向け住戸プランを決定 団地の部屋に「ガーデン」や「モノカベ」、「ドマ」等が登場 2つの住戸を1つにつなげるブランド住戸『ニコイチ』など7つのプラン!

@Press / 2018年7月24日 14時0分

大阪府内で賃貸住宅の提供を行う大阪府住宅供給公社(本社:大阪市中央区、理事長:堤 勇二、以下 公社)は、民間事業者の設計・施工により子育て世帯や若年夫婦などの若年層向けに多様でデザイン性の高いリノベーション住戸(『ニコイチ』を含む)のプランを決定したのでお知らせいたします。
今年度は、茶山台団地(堺市南区)、千里山田西団地(吹田市)の2つの団地において、合わせて19戸で7つのプランの入居者募集を2018年秋ごろから行い、子育て世帯や若年夫婦などの若年層に魅力的な住宅を供給することで、地域のまちづくりに貢献していきます。
※茶山台団地で実施する住戸リノベーションは、「堺市と大阪府住宅供給公社による泉北ニュータウン住戸リノベーション促進連携事業」として実施します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161850/LL_img_161850_1.jpg
「母屋と離れ」プラン(『ニコイチ』)


公社では、空家の増加や高齢化が進む高経年の団地に子育て世帯や若年夫婦などの若年層を誘引するため、2014年度から民間事業者のノウハウを活用した多様でデザイン性の高いリノベーション住戸を供給しています。
その中で、隣り合う2つの住戸を1つにつなぎ合わせ、既存の間取りから大きく形を変えたプランにリノベーションをする公社独自の取り組みである『ニコイチ』を実施しています。
『ニコイチ』は2015年度の事業開始以来、これまで計16プラン・19戸を施工し、昨年度の募集時には最高応募倍率11倍を記録するほどの人気を得ています。

今年度は茶山台団地(堺市南区)、香里三井団地・香里三井B団地(寝屋川市)、千里山田西団地(吹田市)で『ニコイチ』を含む住戸リノベーションプランについて設計・施工・監理・あっせんを行う民間事業者の募集を行ったところ、茶山台団地(堺市南区)と千里山田西団地(吹田市)で8グループからの応募があり、審査の結果、「宏聞建設工業株式会社」・「株式会社アケボノアートワークス」・「株式会社さかき建築工務」の3事業者を選定しました。

▽選定結果の詳細はこちらをご覧ください。
URL: https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/2018_Improvement_business_suggestion/kekka.html

今年度の7つのプランは、「食寝連動を創出したプラン」「住戸内にガーデンを設置したプラン」「収納として利用できるモノカベ、高い床シマ、低い床ドマを設置したプラン」など、それぞれ特徴が異なる、遊び心に満ちたワン&オンリーのプランが集まりました。
(各プランの詳細は添付ファイルをご参照ください)


■会社概要
商号 : 大阪府住宅供給公社
所在地 : 〒541-0042 大阪市中央区今橋2丁目3番21号
代表者 : 理事長 堤 勇二
設立 : 1965年(昭和40年)11月
事業内容: 賃貸住宅の管理事業、宅地管理事業、府営住宅の指定管理業務等
基本金 : 3,100万円(全額大阪府出資)
URL : https://www.osaka-kousha.or.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング