データ活用基盤「KeepData Hub」、2018年7月25日よりユニバーサルIoTプラットフォームSensorCorpusと連携

@Press / 2018年7月25日 10時30分

Keepdata株式会社(代表取締役社長:澁谷 紳一郎、本社:東京都中央区、以下 Keepdata)は、純国産オールインワンデータ活用ソリューション「KeepData Hub」と、株式会社インフォコーパス(代表取締役社長:鈴木 潤一、本社:東京都目黒区、以下 インフォコーパス)が提供するユニバーサルIoTプラットフォーム「SensorCorpus(センサーコーパス)」との連携を発表いたします。


■KeepData Hubとは
KeepData Hubは、企業内外に存在するデータの「蓄積」「集計」「可視化」をワンストップで提供する純国産オールインワンデータ活用ソリューションです。従来型のデータ活用ソリューションでは欠かせなかったデータベースや分析の知識を必要とせず、簡潔に素早くデータ収集から可視化までを実現できるデータ活用基盤としてご利用いただけます。


■SensorCorpusとは
SensorCorpusは、誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的を限定せず小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。大量多様なセンサーやゲートウェイの一元管理やセンサーデータのリアルタイム処理・加工、IoTデータの正規化など、拡張性の高いIoTシステムへの要求仕様にも柔軟に対応できる機能を実装しています。

この度のKeepData HubとSensorCorpusとの連携により、多種多様・大量なセンサーからのIoTデータをSensorCorpus上で効率的に収集・蓄積し、正規化したIoTデータをKeepData Hubに渡すことでIoTデータの分析、利活用、経営KPI化を、専門知識不要で、簡単且つ安価に、短期間で行うことができるようになります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/161985/LL_img_161985_1.png
センサーデータと他システムデータの統合

■連携によるメリット
1) IoTデータのインプットの効率化
KeepData Hub上での分析精度は、蓄積するデータの品質に依存します。収集するデータがCSVの形式に則していない場合は、KeepData Hubに取り込む前にCSVファイルへの形式変換や、データの加工・整形が必要となります。SensorCorpusとKeepData Hubを同時に導入いただくことで、様々な形式のIoTデータからCSV形式への変換や不要なデータのフィルタリングなどを自動化できます。また、IoTデータを取得するセンサーやゲートウェイを一元管理でき、追加・削除・大量追加にも柔軟に対応できます。結果としてほとんどのIoT入力データに関わる課題から解放されます。

2) アウトプットの充実
IoTデータを時系列に表示することは、シンプルながら非常に需要なことです。正常時の範囲を把握し、異常値を検出するには、日々のデータの蓄積、可視化が不可欠です。集めたデータは散布図で相関を見ることも可能ですので、初動におけるセンサーの選別にも役立ちます。また、IoTデータとは別に所有する生産管理データや、販売データ、日報などの自然言語データと掛け合わせて表示することにより、今まで見えなかった相関や、課題を発見できるようになります。


■Keepdataについて
Keepdataは、企業のヒト、モノ、カネ、ビッグデータを組み合わせ、情報を利活用、見える化することで、企業の課題を解決し、新たな気づきを創り出すことを目的としたソリューションを開発・提供する会社です。KeepData Hubは、企業内に散在する様々なデータを横断的に統合し、組織全体のデータを収集・分析・共有する手段を革新、リアルタイムの分析・利活用を可能にする“超高速検索/分析プラットフォーム”です。小規模事業者から大手企業まで、お客様のニーズに合わせたソリューションを提供し、企業の発展に貢献してまいります。


■インフォコーパスについて
インフォコーパスは、「SensorCorpus」を開発・提供するIoT専門会社です。SensorCorpusは誰でも簡単に本格的なIoTサービスを利用できることをコンセプトに、業種や目的に関係なく小規模から誰でも簡単にセンサー情報を収集・蓄積・活用できるユニバーサルなIoTプラットフォームです。すぐに接続できて使えるできるIoTの普及を目指し、SC Connect Partnerプログラムの一環としてSensorCorpusとの接続確認済みソフトウェアをSC Connect認定としています。


■会社概要
商号 : Keepdata株式会社
代表者 : 代表取締役社長 澁谷 紳一郎
所在地 : 〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町3-3-16 日本橋室町ビル7階
設立 : 2009年11月
事業内容: ビッグデータ業務ソリューション「KeepData Hub」の開発・販売、
ソフトウェア開発
資本金 : 3億3,470万円
URL : https://www.keepdata.asia/

商号 : 株式会社インフォコーパス
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 潤一
所在地 : 〒153-0064 東京都目黒区下目黒三丁目5番1号 梶浦ビル5階
設立 : 2013年6月10日
事業内容: IoTサービスプラットフォーム、IoTサービス開発、IoTコンサルティング
資本金 : 4,758万円
URL : https://www.sensorcorpus.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング