日本マイクロソフト、お客様のデジタルトランスフォーメーションにおける最新インフラへの移行を推進 2020年のWindows Server 2008 サポート終了にともない「マイクロソフトサーバー移行支援センター」をパートナー57社と共に設立

@Press / 2018年8月9日 15時0分

日本マイクロソフト株式会社は、お客様のデジタルトランスフォーメーションを推進する上で、従来のWindows ServerやSQL Serverを活用したオンプレミスで運営しているインフラから、クラウド環境の最新インフラへの移行支援を推進しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/163267/LL_img_163267_1.jpg
8月8日に開催した「マイクロソフトサーバー移行支援センター」の戦略パートナーの皆様との記者発表会

マイクロソフトの「サポートライフサイクルポリシー(*1)」に基づき、Windows Server 2008は2020年1月14日に、SQL Server 2008は2019年7月9日にサポート提供が終了します。サポート提供が終了後は、サーバー環境への不正侵入、脆弱性が特定される懸念、情報漏えいの危険性などの潜在リスクが増加しますので、最新バージョンにアップグレードして、パフォーマンスと効率性をさらに高め、定期的にセキュリティ更新プログラムを適用していただくことを推奨しています。

アップグレードが時間軸の観点、他環境との兼ね合いなどで難しい場合、既存環境への延長セキュリティ更新プログラムを3年間提供いたします。クラウドプラットフォーム Microsoft Azure上の仮想マシンをご利用いただく場合は、この延長セキュリティ更新プログラムは無償になります。

日本マイクロソフトでは、マイクロソフトパートナー(*2)57社(8月8日時点)と連携し、お客様の課題にあわせて適切な戦略パートナーをご紹介する「マイクロソフトサーバー移行支援センター」を本日設立します。

「マイクロソフトサーバー移行支援センター」は、仮想環境の移行からAIを活用したビジネス変革までを支援し、お客様のご要望にあわせて様々な環境からの移行を支援する為に、以下の取り組みを戦略パートナーと連携して実施します。

1. 2018年8月時点において、全国で稼働するWindows Server 2008の54万台(*3)の全てのサーバー移行を支援できるパートナーキャパシティを用意。

2. APNプレミアコンサルティングパートナー/VMware ソリューションプロバイダプレミアパートナーなどの参画による、Amazon Web Service(AWS)やVMwareの仮想環境などの様々な環境で稼働するWindows Server 2008/R2の移行支援。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング