リックソフト Slackライクなオンプレミス型チャットツール Mattermostのパートナー契約を締結

@Press / 2018年9月20日 9時30分

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下 リックソフト)は、豪ソフトウェア企業のAtlassian Pty Ltd.(以下、アトラシアン社)の「HipChat Server」に変わるオンプレミス型のチャットツールとして、Mattermost社が提供する「Mattermost」のパートナー契約を締結したことを発表します。


1. 概要
リックソフトは、アトラシアン社のプラチナパートナーとして、これまでアトラシアン社の「HipChat Server」を提供してまいりました。この度、2018年7月26日にアトラシアン社から発表があった「HipChat Server販売終了」の通知をうけ、クラウドサービスを利用できないほどの重要情報を取り扱う企業に対して「HipChat Server」の代替となるオンプレミス型のチャットツールを比較検討し、Mattermost社が提供するチャットツール「Mattermost」の取り扱いを決定し、Mattermost社とのパートナー契約を2018年9月10日に締結したことを発表させていただきます。

リリースページ
https://www.ricksoft.jp/news/n20180920.html


2. Mattermostとは
Mattermostとは、オープンソースであり、Slackライクで使いやすい操作性のチャットツールとしても知られています。
Mattermostは、オンプレミス型であるため、企業のセキュリティポリシーや運用ポリシーに適合できるのが大きなメリットです。そのため、重要情報を取り扱う 金融・保険業、製造業、医療・薬品・ヘルスケアなどで多くの導入実績があります。
Mattermostには、無料のオープンソース版とエンタープライズ版の2種類が提供されており、エンタープライズ版では1)SAML認証、2)多要素認証、3)暗号化、4)高可用性、5)コンプライアンスなど、企業が必要とする機能が提供されています。

<特長>
・Slackライクなチャット機能
・自由な表現力(マークダウン書式が利用可能)
・多言語対応(日本語、英語、ドイツ語、フランス語、オランダ語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、トルコ語、中国語、韓国語)
・プライベートクラウドに導入可能(オンプレミス型)
・エンタープライズ対応(データ保全性、高可用性、スケーラビリティ、セキュリティ、コンプライアンス対応など)


3. 今後の展開
「新しい働きかた」「アジャイル・スクラム開発」「DevOps」「RPA」など、ツールの活用なしでは実現することはできません。ツールと人をつなぐことができるチャットツールは多くの可能性を秘めています。
クラウド型チャットツールが勢いを増すなかで、オンプレミス型チャットツールでないと導入することができない企業は悩んでいるものと考えており、オンプレミス型のチャットツール「Mattermost」は、そのような悩みを解決するソリューションになると考えています。


【リックソフト株式会社について】
効率的な情報共有と管理によって素早い目的達成を支援する「Confluence」や、アジャイルなソフトウェア開発チームで最も支持されているプロジェクト管理ツール「Jira Software」などのアトラシアン製品ではアジアパシフィックで多くの販売実績がある企業です。
多くの専任技術者によりアトラシアン製品の導入支援だけでなく、アドオン開発やクラウドサービスも行っており、アトラシアン社のAtlassian Platinum Solution Partnerとしても認定されています。
実績として製造/金融・保険/インターネットサービス/通信・公共などのお客様にアトラシアン製品の導入やプラグイン開発など幅広いサービス&サポートを提供しています。
ホームページ: https://www.ricksoft.jp/

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング