【イベント開催のご案内】ようこそ、働く女性の保健室へ~イライラ女とモヤモヤ女の正体とは?!~最先端の医師たちが働く女性の不調に迫る!!ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 名古屋

@Press / 2018年9月20日 11時0分

ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会は、最先端の医師たちが働く女性の不調に迫る「ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 名古屋」を2018年10月19日(金)に今池ガスホール(名古屋市千種区)で開催いたします。
本シンポジウムでは、高齢出産、不妊治療の最前線についての基調講演をはじめ、近年、社会問題になっている、女性ホルモンの変動によって起こる「PMS(月経前症候群)」や「更年期症状」にどう対応するのか。治療の最前線や労働現場でのユニークな取組を紹介しながら女性医学の権威とともに対処法を考え、議論していきます。


■現代女性の“子宮”が“死宮”になりつつある
○現代女性の生涯における「生理の回数」は、昔の女性に比べて「400回」も増加!!
→子宮内膜炎、子宮体がん、卵巣がん、そして乳がんまでにも影響。果たしてその解決策は?

○「つらい生理痛」による社会的経済損失は、なんと年間「6,828憶円」!!

○経産省5,000人調査、職場上司の悩み第1位は、女性部下のメンタルヘルス!
→理解促進のため、男性社員に「VR」で「ワーキングママ」を体感させる新たな取り組みを行う企業も!


■登壇するのは、最先端で女性の健康と向き合うスペシャリストたち
吉川 史隆氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_1.jpg
吉村 泰典氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_2.jpg
若槻 明彦氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_3.jpg
薬師寺 道代氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_4.jpg
対馬 ルリ子氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_5.jpg
大津 たまみ氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_6.jpg
後藤 繁榮氏
https://www.atpress.ne.jp/releases/166249/img_166249_7.jpg


■ウィメンズ・ヘルス・アクション シンポジウム in 名古屋 開催概要
日時 : 2018年10月19日(金) 13時30分~16時30分 ※開場・受付開始13時
会場 : 今池ガスホール(名古屋市千種区今池1-8-8 今池ガスビル9F)
主催 : ウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会/中日新聞社
協賛 : (特別協賛)あすか製薬株式会社、ゼリア新薬工業株式会社、
武田薬品工業株式会社
(一般協賛)コニカミノルタ株式会社、株式会社ツムラ
(サポーター協賛)バイエル薬品株式会社
後援(予定): 内閣府男女共同参画局、厚生労働省、経済産業省、愛知県、
名古屋市、(公社)日本産科婦人科学会、(公社)日本産婦人科医会、
(公社)日本医師会、(公社)日本助産師会、(公社)日本薬剤師会、
(特非)女性医療ネットワーク、(特非)女性の健康とメノポーズ協会、
(特非)日本医療政策機構(HGPI)、(一社)日本女性医学学会、
(一社)日本家族計画協会、(一社)日本女性医療者連合、
ウェルビーイング政策を提言する女性医師懇話会、
日本女性ウェルビーイング学会 ※順不同
公式サイト: https://whasympo.com/nagoya2018/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング