世界初!(※1)ブラシレスDCモータの開発・製造に革新をもたらす「ZCL(※2)ホールIC」を開発

@Press / 2018年10月11日 14時0分

エイブリック株式会社(社長:石合信正、本社:千葉県千葉市、以下:ABLIC)は、このたびブラシレスDCモータの開発・製造に革新をもたらす、ZCLホールIC(磁気センサ)を開発しました。

従来の交番検知ホールICは、S極N極の切り替わり点である0mT(ゼロ ミリテスラ)を通過した時点では信号を検知することが出来ず、検知点に達し信号を出力するまでにある程度の時間を要していました。
このため、機器開発段階においてより綿密な設計が要求されたり、センサの位置精度や構成する部品のバラツキとなってモータの性能が左右されたりすることが散見されていました。また、生産現場においてはキャリブレーション作業に大きな負担をかける要因となることもありました。

今回当社が開発した、片極検知でも交番検知でもない、従来の課題を解決する全く新しい検知方式を採用した「ZCLホールIC」は、当社独自のZCL技術を活用し、0mT(ゼロ ミリテスラ)に到達した時点を検知し、信号を出力することを実現したホールICです。
「ZCLホールIC」を使用することで、ブラシレスDCモータの設計段階における自由度が格段に向上し、生産現場におけるキャリブレーション作業負担を大きく軽減します。従来のホールICを使用したブラシレスDCモータと比較し、モータの性能が安定するため、品質の向上に寄与します。

【主な特長】
1. 世界初!片極検知、交番検知ではない革新的な検知方式を採用した、ZCLホールIC
1) ブラシレスDCモータを設計する上での様々な公差計算の負担を軽減
2) ブラシレスDCモータの製造工程で実施しているキャリブレーション作業負担を軽減

2.世界最薄!(※1)クラスのパッケージラインアップに封止
1) ブラシレスDCモータの薄型/小型化に貢献

【用途例】
省電力、静音、低ノイズ、低振動などきめ細やかな制御を要する高機能家電製品
(例:扇風機、洗濯機、エアコン室内機、掃除ロボット、他)
高い信頼性・低ノイズ性能を求められる車載用モータ、産業機器用モータ、など

(※1) 2018年9月現在、当社調べによる
(※2)ZCL = “Zero Crossing Latch” の略

本技術は10月16日(火)~19日(金)に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2018」(エリアA、小間番号:A045)でご紹介いたします。また、「ZCLホールIC」を搭載する、世界最薄クラスのパッケージラインアップも併せて展示致します。会期前日(15日(月)14:00~17:00)に開催予定のメディア・コンベンション、あるいは、会期中に当社ブースにお越し頂けますと当技術の担当説明員が直接ご説明いたします。ぜひこの機会に、皆さまのお越しをお待ちしております。

【Webサイト】
https://www.ablic.com/

エイブリック株式会社は、セイコーインスツルの半導体事業を継承し、進化を続けるアナログ半導体専業メーカーです。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング