松竹マルチプレックスシアターズ 2021年春、熊本駅ビル内にシネマコンプレックスを新規出店

@Press / 2018年10月18日 10時30分

株式会社松竹マルチプレックスシアターズ(東京都中央区、代表取締役社長:熊谷 浩二)は、九州旅客鉄道株式会社(福岡県福岡市、代表取締役社長:青柳 俊彦)が開発する熊本駅ビル(2021年春開業予定)の7階に、10スクリーン、約1,400席(予定)のシネマコンプレックスを出店いたします。松竹マルチプレックスシアターズとして初の九州エリアでの出店となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168208/LL_img_168208_1.jpg
熊本駅ビル 外観イメージ(*今後の設計及び関係機関との協議により変更となる場合もございます。)

松竹作品をはじめとする邦画、人気のアニメ作品、ハリウッド洋画大作、よりすぐりのアート作品等を上映するほか、コンサートや演劇、オペラ、スポーツのライブビューイングや、松竹グループならではのコンテンツ「シネマ歌舞伎」などバラエティに富んだ魅力的なラインナップを取りそろえ、熊本駅を中心とした新たなまちづくりに貢献して参ります。


【施設概要】
所在地 :熊本県熊本市西区春日3丁目
オープン予定日:2021年春(予定)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング