ギリア、強化学習技術の最先端企業である米コジタイ社と戦略的パートナーシップで合意

@Press / 2018年10月18日 16時0分

深層学習を専門とするギリア株式会社(本社・東京都台東区 代表取締役社長・清水 亮)と強化学習を専門とする米コジタイ社(Cogitai, Inc.)は、戦略的なビジネスパートナーシップで合意したことを発表いたします。
両社は今後、業務提携などの契約締結を進めてまいります。

コジタイ社は、自律エージェントと強化学習の専門家であるピーター・ストーン博士(米テキサス大学教授)、マーク・リング博士、サティンダー・シン・バベイジャ博士(米ミシガン大学教授)を中心とした世界トップレベルの研究チームを誇る科学者集団として知られています。

ギリアとコジタイ社は深層学習と強化学習の専門知識を融合し、金融、建設、ゲームなどの様々なビジネスセクター向けの最先端のソリューションを提供することを目指しています。

近年のAI研究の成果は、主として画像認識や言語解析などの分野に焦点をあてた産業応用がほとんどです。対照的に、ゲームプレイやシミュレーションで人間を打ち負かす強化学習の成果については、一般的な産業応用は殆ど行われておりません。

コジタイ社とギリアが提携することで、深層学習と強化学習を組み合わせたアルゴリズムを開発し、これまで人間でなければできないとされていた「判断」の自動化技術を提供することが可能になります。

今後、ギリアはB2B事業で進めるAI導入案件に、コジタイ社のテクノロジー活用を推進し、さらにコジタイ社のテクノロジーを広く一般に普及させるためのパートナーとして活動する予定です。


「今回のコジタイ社との業務提携によって、一気に世界トップクラスと肩を並べるチャンスを得たと考えています。彼らの30年に及ぶ強化学習に関する知識と経験が、我が国の既存産業と結びつき、実際の業務を改革したとき、世界でも類を見ない大きな変革が起きるでしょう」
ギリア株式会社 代表取締役社長 清水 亮

「ギリアとの提携を誇らしく思っています。とりわけ我々が日本のマーケットを開拓する上でも重大なチャンスとなるでしょう。ギリアと共に、強化学習技術の最先端を提供していきたいと思っております」
Cogitai, Inc. President & COO Peter Stone


◆ギリア株式会社について
ギリア株式会社(GHELIA)は、「ヒトとAIとの共生環境の実現」を目指して、ソニーCSLと株式会社UEI、株式会社WiLの3社によるジョイントベンチャーとして2017年6月に設立されました。

ソニーCSLとUEIが2014年より共同で開発してきた「デルタ・プロジェクト」の成果に基づき、手書き文字処理へのAI応用、様々な種類の画像認識へのAI応用、技術文書検索へのAI応用などを開発し、これらの成果を各産業界のリーダー企業と共同で業界構造を変える革新的なAIソリューションとして提供しています。

また、広く世の中にAIを活用する環境を普及させるため、産業界だけではなく、一般消費者に向けて、AIを手軽に開発することを可能とし、かつ、そのAIを自由に世界中へ流通させるAIプラットフォームの提供を目指しています。


■コジタイ社について
2015年に設立されたコジタイ社は16人のPh.Dが率いるチームで、継続的に学習・進化する人工知能開発を専門とする科学者集団です。
幅広い応用が可能な最先端の強化学習機能を備えた汎用強化学習プラットフォームを開発しています。将来的には自律エージェント型ロボットの開発を目指しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング