1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

CGWORLD×バンタンゲームアカデミー注目の若手デジタルアーティスト今川氏がVFX上達術を語るVFX特別講座 ショットワークLIVEセミナーを実施

@Press / 2018年10月17日 11時0分

株式会社バンタン(本部所在地:東京都渋谷区 代表取締役会長:石川広己)が運営する総合エンターテイメントスクール「バンタンゲームアカデミー」は、CG・映像の専門情報誌「CGWORLD」の協力のもと、VFX特別講座を10月8日(月)に実施。講師として、大学在学中から独学でVFXを学び、KLab Creative Fes'17動画部門でグランプリを受賞した、注目の若手デジタルアーティスト 今川真史様にご登壇いただきました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/168732/img_168732_1.jpg
CGWORLDで9月発売号より新たにスタートしたVFX連載企画「NEO ACT」から、作品「工業地帯」を素材に、コンセプト、モデリングからコンポジットまでの一連のショットワーク(ライティング&コンポジット工程)を解説いただきました。また、限られた時間の中で、意図した画づくりを表現するための、必要な考え方、手順、技術をご紹介いただきました。

■ CGWORLD×バンタンゲームアカデミー VFX特別講座 講義内容抜粋
「各作品の製作期間は約1ヶ月、その限られた時間で作業を効率化し、どれだけの高いクオリティが出せるか挑戦しています。」と今川さん。ひとつの作品を作り上げるまでの手順は様々ですが、今川さんは「コンセプト~モデリング~アニメーション~ライティング~レンダリング~コンポジット~ポストエディット」の手順で行い、中でもコンポジットに一番の時間を割いているとのこと。作品が生み出されるまでの技術はもちろんのこと、日常の生活に取り入れることのできる勉強方法についてもお話を伺うことができました。その一部をご紹介します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/168732/img_168732_2.jpg
コンセプト~レンダリングまでは素材を集めて、どう集めていくかが勝負
CGWORLD連載企画の第二弾「工場地帯」は、工場夜景ナイトクルーズに参加したことがきっかけでコンセプトを決定しました。工場夜景というと、明るい風景を予想していたのですが、実際には潮風や町明かりでとても暗く、静かな雰囲気でした。そこで、強調したい、見せたいオブジェクトを黒くすることで、シルエットで見せていく画づくりをしようと思いました。

毎日2 時間「Artstation」を見て、日常的に良い作品に触れる
参考となる素材は「Artstation」(世界中のアーティストが作品を投稿するCG 系SNS)に投稿される作品から集めています。「trending」(人気作品を一覧表示する機能)に表示される作品を流し見しながら、直感で良いと思ったものにマークを付ける。1 日2 時間程度この時間を設けることで、日常的に良い作品に触れるようにしています。

「コンセプト」の工程は“SIMPLE”と“CONTRAST”を重視
この工程で大事にしていることは、「SIMPLE=引き算」と「CONTRAST=対比・差」です。
画面から光の数を絞る・音を減らす・色を絞るなどの余分な成分を引き、最終的に残る“見せたい要素”だけで表現することを重視しています。また、「光・闇」、「古い・新しい」、「大・小」、「細い・太い」など、世の中にはたくさんのコントラスト=対比が存在します。東京の新しいビル郡の中に、古い建物があると目が向いてしまうように、人の目はコントラストがあるところに自然と目が向きます。シンプルでコントラストが効いた静かな雰囲気の作品作りを心がけています。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/168732/img_168732_3.jpg
忙しい毎日を送る学生。日常でできる勉強方法とは・・・
学生のうちは勉強以外にも、アルバイトなど時間を取られることが多いと思います。限られた時間の中で効率的に技術を伸ばすために必要なことは、「収束・断捨離・投資・極端」の4つだと考えています。

収束:日常生活から見える風景や仕事の失敗をCG にどう活かすか考える
断捨離:自分の方向性を見極める
投資:最低限の機材を整えることで、無駄な時間を無くす
極端:好きなもの、直感的に良いと思ったものだけを選択し、悩む時間を減らす

■登壇者プロフィール
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/168732/img_168732_4.jpg
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/168732/img_168732_5.jpg
今川真史 https://www.artstation.com/masashivfx321
AnimationCafe VFX / ゼネラリスト
大学在学中、ほぼ独学で3DCG を学ぶ。自主制作作品『THE SEABED』がKLab Creative Fes'17 動画部門にてグランプリを受賞した。現在は、AnimationCafe にてCG 担当を勤め、ゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』やアメリカンスポーツウェアブランド『Champion』のプロモーションムービーを手がけた。


■ 「バンタンゲームアカデミー 映像学部」について
バンタンゲームアカデミーでは、時代をリードできる発想をもったクリエイターを育成するために、実践教育にこだわり続けています。「映像学部」では、現役のアートディレクターやVFX アーティスト、CGクリエイターが講師を務め、業界の最新技術をカリキュラムに取り入れています。VFX 制作に必要な技術、知識を基礎からしっかり学びながら、「表現力」「再現力」「演出力」を養うことで、作品としての質を磨きます。
映像学部HP: https://www.vantan-game.com/faculty/vfx_movie/index.php
資料請求: https://bit.ly/2E2Pwxb

■ 今後のVFX 関連イベント情報
次回は、10 月21 日(日)に開催。映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」、「アントマン&ワスプ」等に参加、ハリウッドを拠点に活躍する渡辺潤 様にご登壇いただきます。ハリウッドのVFX 業界についてはもちろんのこと、「ハン・ソロ」やさまざまな映画作品のVFX 制作に携わった際のこぼれ話などをご講演いただきます。

開催イベントの更新情報は以下URL をご確認ください。
[イベント概要]
日時 :2018 年10 月21 日(日)11:00-12:30
場所 :バンタンゲームアカデミー東京校舎
対象学部:ゲーム学部、アニメ学部、映像学部に入学を検討する方、保護者様
講師 :渡辺潤 様
料金 :無料
定員 :80 名
申込 : https://yell.vantanfc-inc.com/form/pc/index.php5?fn=16618&gr=GA&ge=event

渡辺 潤
Houdini エフェクト・アーティスト
横浜市出身。東京工学院芸術専門学校(現:東京工学院専門学校) CG 科第1 期卒。卒業後トーヨー・リンクスに入社。自主制作の短編アニメーション作品がSIGGRAPH 等海外の映像フェスティバルに入選し、それを機に渡米。 現在、ロサンゼルスを拠点に、フリーランサーとして数多くのハリウッド映画に参加している。最近の参加作品に映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」、「アントマン&ワスプ」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」等のVFX 作品に加え、ディズニーの長編アニメーション映画「ベイマックス」等がある。


■ Vantan Game Academy(バンタンゲームアカデミー) http://www.vantan-game.com/
「業界に最も近い総合エンターテイメントスクール」をコンセプトに現場で活躍するプロを講師に迎え、ゲーム・マンガ・アニメ・声優など、コンテンツの領域に特化して即戦力人材の育成を行う専門スクール。

■Vantan(バンタン) http://www.vantan.jp/
1965 年の創立以来、クリエイティブ分野に特化して人材の育成を行っている専門スクール。
現役のプロクリエイターを講師に迎え、ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、パティシエ、カフェ、フードコーディネーターなどの分野において、業界と連携した「実践教育」で即戦力となる人材を育成する教育事業を東京・大阪で展開、これまでに 19 万人以上の卒業生を輩出しています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング