美容と健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に』

@Press / 2018年10月19日 12時0分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村正弘)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に』を公開致しました。

https://microdiet.net/diet/001156.html


いつの間にか日本で定着していた秋のイベント、ハロウィンがもうすぐです。

ハロウィンはヨーロッパを起源とする民族行事で、カトリックの諸聖人の日「万聖節」(11月1日)の前晩である10月31日に行われます。
語源は「諸聖人の祝日の前夜」を意味する「All Hallow’s eve」が訛って「Halloween」と呼ばれるようになりました。

ハロウィンといえばかぼちゃですが、実はハロウィン発祥の地とも言われるアイルランドでは、かぶやじゃがいもが使われていました。
この風習がアメリカに伝わったときに、大量に収穫でき、そして見た目にもインパクトのあるかぼちゃに変わったそう。

■女子はかぼちゃ好き多し!美容&ダイエットにも◎

野菜の多くは収穫仕立ての新鮮なものが一番美味しいですが、かぼちゃに関しては収穫してからしばらく置いたほうが美味しくなります。夏に収穫されたかぼちゃは、1~2カ月貯蔵し、秋頃にでんぷん質が糖化され完熟状態になることで美味しくなるのです。

糖質(炭水化物)が多く含まれ、高カロリーのイメージがあるためダイエッターの中には敬遠している人もいるかもしれません。
日本で多く流通している「西洋かぼちゃ」を例に挙げると、100gあたり91kcal(キロカロリー)です。

煮物などに使う大きめの一口大サイズがだいたい50gなので、2切れ食べただけで100kcal程度になってしまいます。プラス調味料のカロリーが加算されます。やはりかぼちゃは低カロリーとは言いがたく、ダイエット中にたくさん食べるのは危険。しかし、カロリーばかりに注目するのではなく、栄養素に目を向けてみましょう。

〇肌荒れ防止に

ダイエット中の肌荒れ防止に、かぼちゃが最適なことをご存知ですか?
かぼちゃに含まれているビタミンA・C・Eは、いずれものどなどの粘膜や肌の調子を整えるのに効果絶大。これら3つは合わせてビタミンエース(ACE)とも呼ばれていて、美容に欠かせない栄養素です。しかも、かぼちゃのビタミンCは熱に強く、他の野菜と比較しても加熱による損失が少ないことが特徴です。

〇冷え性、便秘対策に

冷えがちな女子に嬉しい身体を温める効果もありますので、代謝をいつも円滑にしておくためにも、日常的に口にすると良いでしょう。量の目安は、煮物なら2切れ程度。箸休めの副菜として食べるようにしたい食材です。
食物繊維も豊富に含まれますので、腸内環境を整える作用や便秘対策にはもってこいの食材でもあります。100gあたり3.5gもの食物繊維が含まれます。

かぼちゃの油の吸収率は意外と低く、7%程度です。素揚げした場合、茄子なら14%、ししとうなら10%程度の吸油ですので、野菜の中では低いほうと言えます。もちろん脂肪の摂取量はあくまでも適量を守るべきですが、かぼちゃなど緑黄色野菜に多く含まれるβカロチン(ビタミンA)の吸収率は、油と一緒に摂取することで上がりますので、炒める、揚げるなど油を使った調理のほうが、効率的に栄養を摂ることができます。

■種、わた、果肉に分別&加熱

かぼちゃは種とわたを取り除いて調理をしますが、この部分も食べることができます。捨てずに活用しましょう!

【種】
種は漢方に用いられるなど薬効があるとされており、栄養素が高いので食べずに捨ててしまうのはもったいないです。抗酸化作用のある不飽和脂肪酸のオレイン酸、ビタミンE、ポリフェノールの一種で女性ホルモンに似た働きをするリグナンなどが含まれています。

種の食べ方は、まず種を洗い、外れないわたは大雑把に切っておきます。大き目のお皿やクッキングシートに種を並べ、レンジにかけて乾燥させます。種の量にもよりますが、3~4分が目安です。
種の水分が蒸発したら、フライパンにオリーブオイルなどお好みの油をひき、弱火でこんがり焼き色が付くまで炒めます。これに塩をかければおつまみに、砂糖やシナモンパウダーをかければおやつとして食べられるほか、手作りお菓子のトッピングにも使うことができます。

【わた】
実の部分よりも甘みが強いという特徴を持つ、かぼちゃのわた。普段はスプーンなどで取り除いてしまう部位ですが、β―カロテンが実本体の数倍もの量が含まれています。煮物にするときは、わたを取らずに一緒に煮ましょう。
手軽に取り入れられる方法は、包丁で細かく刻んで味噌汁やスープ、カレーなどに入れる方法です。自然な甘みが出てコクもアップします。
パウンドケーキやパンケーキなどに練りこむなど、お菓子作りにも活用することができます。

余すことなく使うことができるかぼちゃを食べて、秋冬の乾燥から肌を守りましょう!風邪予防にも効果的なので、特にこれからの季節はおすすめです。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『ハロウィンといえばかぼちゃ!丸ごと食べて美肌や風邪予防に』をご参照ください。
https://microdiet.net/diet/001156.html



■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。



■ダイエット食品『マイクロダイエット』について

「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から30年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング