1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

読んで熱くなれ!「スポーツマンガベスト100」結果発表~完結済みの名作マンガから連載中の人気作品まで幅広くランクイン~

@Press / 2018年10月31日 12時0分

株式会社BookLive(本社:東京都港区、代表取締役社長:淡野 正、以下、当社)は、電子書籍配信サービス「BookLive!」において、読者が「絶対に外さない!」「オススメしたい!」と思うスポーツマンガに関するアンケートを行いました。その結果を発表いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/LL_img_169040_1.png
「スポーツマンガベスト100」結果発表

【調査概要】
調査タイトル:おすすめの「スポーツマンガ」に関するアンケート
調査期間 :2018年10月12日~10月14日
調査方法 :BookLive!会員に対してアンケートメールを送付。フォームより回答
調査対象 :過去1年間にマンガジャンルの作品を購入したユーザー
投票数 :3,441票

★読者が選ぶ、おすすめスポーツマンガベスト100ランキング★
https://booklive.jp/feature/index/id/sportsmanga100


ランキングでは、仲間との絆に涙が止まらない、熱い作品がランクインしました。今や、アニメ、ゲーム、ミュージカルなど、さまざまなメディアミックスがされている3位『テニスの王子様』シリーズ(許斐剛/集英社)。5位『タッチ』(あだち充/小学館)は、『タッチ』から約30年後の明青学園を舞台にした『MIX』(あだち充/小学館)のTVアニメ化が決定し、再度注目を集めている名作野球マンガです。
ほか、国内外に人気を誇る『キャプテン翼』シリーズ(高橋陽一/集英社)が6位にランクインするなど、名作と言われる作品が上位に揃い踏みとなりました。

なお、ランキングページでは全100作品へのユーザーからの選定コメントを紹介しております。

■ランキングTOP10
【1位】 ハイキュー!!
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_2.jpg
「仲間と切磋琢磨しながら主人公が強くなる姿に惹かれる。」
「2018年現在で史上最高のレベルのスポーツマンガ。」
「まだ読んでないひとたちに届いてほしい」
「面白いスポーツ漫画ってこういうことか!」
「毎試合が終わるたびに涙が出ます…。」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/184474
(C)古舘春一/集英社

【2位】 黒子のバスケ
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_3.jpg
「一度見始めたら止まらなくて寝不足必至。」
「思いやりを大切にしようと思えた。」
「感動する場面がたくさんで涙が止まりません。」
「仲間と一緒ならどんな壁でも乗り越えられる!」
「みんなのライバル関係と、相棒との関係にグッときます!」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/184976
(C)藤巻忠俊/集英社

【3位】 テニスの王子様シリーズ
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_4.jpg
「この漫画で、テニスに興味を持つようになった。」
「シリーズも長く読みごたえのある作品。」
「言わずと知れた、今なお続く伝説のテニスマンガ!」
「テニスの王子様というジャンルだと思う。」
「読んだら絶対真似したくなります。(私は真似しました。)」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/186574
(C)許斐剛/集英社

【4位】 アイシールド21
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_5.jpg
「読み易いアメフトの漫画が出てきた!」
「負け組が勝ち組になっていくストーリーが熱い。」
「アメフトを一から知りたいならこれ!」
「村田先生の躍動感、疾走感が凄い!」
「何度でも読み返したくなる感動がある。」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/251034
(C)稲垣理一郎/村田雄介/集英社

【5位】 タッチ
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_6.jpg
「青春ものとしても恋愛ものとしても名作でしょう!」
「野球青春マンガでは文句無し名作。」
「これぞ青春!甘酸っぱい!という王道さがよいです。」
「何度読み返しても感動まちがいなし!」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/527335
(C)あだち充/小学館

【6位】 キャプテン翼シリーズ
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_7.jpg
「少年の頃、サッカーを好きになった原点。」
「間違いなく世界に影響を与えたサッカー漫画。」
「世界共通のサッカー小僧のバイブル。」
「王道中の王道。」
「プロでも夢中になれるこの漫画はすごい!」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/150199
(C)高橋陽一/集英社

【7位】 弱虫ペダルシリーズ
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_8.jpg
「登場人物がヒール役も含めて全員魅力的だから。」
「弱虫ペダルの影響でロードバイクを始めました(笑)」
「レース中の展開はとにかく熱い!」
「ロードレース内での駆け引きが面白い。」
「自転車のスピードと相まって、ドキドキするマンガ。」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/129556
(C)渡辺航/秋田書店

【8位】 SLAM DUNK【未配信】
「主人公の成長や仲間との絆など、笑えて泣ける作品だと思います。」
「何千回読んでも飽きることなく、更に好きになる漫画。」
「チームの絆で心をギュッと掴まれ何度読んでも涙が止まらない。」
「スポーツ漫画の超絶名作!。」
「初心者からバスケをする負けない気持ちが励みになるから。」
(BookLive!ユーザーコメントより)

【9位】 エースをねらえ!
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_9.jpg
「青春の全てが入ってます!」
「コーチとの恋愛を超えた絆が感動的。」
「スポーツと恋愛と葛藤 全てが詰め込まれている。」
「読めば世界観に引き込まれます。」
「元祖スポ根といえばコレ。」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/268672
(C)山本鈴美香/集英社

【10位】 おおきく振りかぶって
https://www.atpress.ne.jp/releases/169040/img_169040_10.jpg
「エースとして頑張る姿がいい!」
「色んな人の成長や繋がりに感動できる。」
「心理戦がリアルで読んでいて面白い。」
「チームメイトに溶け込み本当のエースになっていくのが胸キュン。」
「ごく普通の日常的な部活のストーリーなのに引き込まれる」
(BookLive!ユーザーコメントより)

URL: https://booklive.jp/product/index/title_id/42390
(C)ひぐちアサ/講談社


当社は今後も、さまざまな電子書籍作品を配信し、ユーザーの皆さまに便利で楽しい読書体験を提供していきます。


【電子書籍配信サービス「BookLive!」概要】
「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。

●電子書籍配信サービス「BookLive!」 https://booklive.jp/
●Facebook公式ページ https://www.facebook.com/booklive.jp
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR


【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/


本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください