WOWOWコミュニケーションズ、コールセンター運営で培ったノウハウとコミュニケーション理論を活用した「ソーシャルスタイル研修」を開発

@Press / 2018年10月29日 10時30分

株式会社WOWOWコミュニケーションズ(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:黒水 則顯)は、コミュニケーション理論「ソーシャルスタイル」を応用した「ソーシャルスタイル研修」を開発いたしました。シンプル且つ、運用が容易で汎用性に富んでいるこの理論を活かした研修により、職場や顧客、誰しも存在する「苦手と感じる相手」とでも、より良い関係を築き、成果へと繋げることが可能となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/169151/LL_img_169151_1.jpg
ソーシャルスタイル分類


■ソーシャルスタイル理論とは
1968年にアメリカの産業心理学者であるデビッド・メリル氏が提唱したコミュニケーション理論。人の言動を4つのスタイルに分けて分析し、相手が望ましいと感じる対応を探し、選択する方法として活用されています。「感情表現」と「主張」、それぞれの度合いにて判断を行います。

<詳細>
ソーシャルスタイル理論とは?相手の心をつかむコミュニケーション
https://wowcom.co.jp/blog/839/
ソーシャルスタイル診断
https://www.wowcom.co.jp/service/quality/socialstyle/index.html


■スタイルごとの特長
ドライビング :意見を主張/感情を抑える
→プロセスよりも結果を重視
エクスプレッシブ:意見を主張/感情を出す
→積極的に何かにチャレンジしている
エミアブル :意見を聞く/感情を出す
→全体の調和を重視、いわば“いい人”
アナリティカル :意見を聞く/感情を抑える
→観察を好む分析理論を良く知っている

<スタイル別発言イメージ>
https://www.atpress.ne.jp/releases/169151/img_169151_2.jpg


■ソーシャルスタイル理論を活かすステップ
自分を知り、相手を知ることで、お互いの相違点に気付くことができます。相手を理解し、より良い関係を築くきっかけとなります。

(1) 自分のコミュニケーションスタイルを知る
(2) 相手のコミュニケーションスタイルを想定する
(3) 自分との違いを知り、相手のスタイルに合わせて言動を決める


■活用メリット
(1) 顧客対応
接客時に活用することで、自分以外の多様性を認めることで効果的な販売や提案が実現できます。対面のみならず、コールセンター運営をおこなう当社のノウハウを活かし、非対面でも活用可能です。

・販売等の成果向上
・クレーム防止等による顧客満足度向上

(2) 人材育成
他者のスタイル(強み・弱み)を互いに理解・尊重し合うことで、仕事のスピードとクオリティの向上が見込めます。

・効果的トレーニングによる早期人材育成
・結果を早く出す効果的なチームビルディング


■研修概要
名称 : ソーシャルスタイル研修
推奨受講人数 : 20名前後
研修時間 : 4時間
研修形式 : 講義/ワークショップ
料金 : 300,000円(税別)~
プログラム構成: ソーシャルスタイル解説
基礎ワーク(1) 理解編
基礎ワーク(2) 実践編
詳細URL : https://www.wowcom.co.jp/service/quality/studysocial.html

※業種・業態にあわせた研修内容にカスタマイズすることも可能です。


■会社概要
株式会社WOWOWコミュニケーションズ
代表者 : 代表取締役社長 黒水 則顯
所在地 : 〒220-8080 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5
横浜アイマークプレイス3F
設立 : 1998年2月
事業内容: テレマーケティングサービス/
デジタルマーケティングサービス/リアルサービス
資本金 : 478,800千円
URL : https://www.wowcom.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング