香港でウエルネス業界のリーダーが集結する国際会議『Global Wellness Summit』10月15日開催

@Press / 2019年1月28日 11時30分

Global Wellness Summitは、2019年10月15日(火)~17日(木)の期間にウエルネス業界のリーダーが集う国際会議『Global Wellness Summit』(場所:グランドハイアットホテル 香港)を開催いたします。
2019年で13回目となる本会議の参加者はすべて招待制。2019年は50ヵ国以上から700名の参加者を予定しております。
また、このたび日本人初の共同議長として、株式会社Conceptasia 代表取締役の相馬 順子氏を選出いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175809/LL_img_175809_1.jpg
GWS Chair Susie Ellis

■第13回『Global Wellness Summit』について
世界のウエルネス市場は470兆円を超え、年6%以上で拡大。ウエルネス業界の世界的なリーダーが集う『Global Wellness Summit』の第13回会議は、会議開催後初めて東アジアエリアで開催されることが決定しました。一昨年アジアから初のボードメンバーに選ばれた相馬 順子氏は、香港ベースのCatherine Feliciano-Chonとともに、共同議長に選出されました。

『Global Wellness Summit』のChief Creative Officer & Executive Directorである、Nancy Davisは、「アジア市場のゲートウエイになる香港での今回のサミット開催は、ウエルネスマーケットにおいて高成長市場であるアジアを知る大きなチャンスになる。この地で開催ができることにとても興奮している。」とコメントしました。

Global Wellness Instituteの最新の調査によると、アジアはウエルネス業界にとって、最も早くそして最も大きく市場が拡大すると期待がよせられています(参照:2018 Global Wellness Economy Monitor)。域内に中国とインドという市場をかかえるアジアは、漢方、アーユルヴェーダといった昔ながらの医療を利用した治療やそれを求めるインバウンド需要、温泉や独自のサーマルスパといった施設数でも非常に高い伸びを示しており、世界的な経済停滞化が懸念される中でも、産業としても、エリアとしても飛躍する可能性が高いです。

共同議長であるCatherine Feliciano-Chonは、「香港は中国へのドアーステップ、そして東洋と西洋の交流地として長い歴史がある。過去と未来が混在する香港で、この記念すべき第13回目のGWSを開催することができ、非常にうれしい。」とコメントしています。


■メンバー一覧
・会長 Susie Ellis
Global Wellness Summit及び、Global Wellness Institute 会長。
ウエルネス活動を発展途上国や子供たちに広げている活動Moon Shotの提唱者の1人

・共同議長 Catherine Feliciano-Chon
CatchOn Strategic Marketing Communication Consultants社 代表取締役

・共同議長 相馬 順子
株式会社Conceptasia 代表取締役
ウエルネス関連事業や施設の開発、投資


■Global Wellness Summitに関して
Global Wellness Summitは、招待を受けた代表だけが出席をすることができる国際会議であり、ホスピタリティ業界・医学界・学校・化粧品・不動産・社員厚生・スパなどの業界のトップリーダーが一堂に会し、1年に1度、それぞれの意見や情報をポジティブに交換する場として、第一回会議2007年より毎年世界各国で開催される会議である。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング