「MARTIN CLUB JAPAN」30周年記念公演、Rebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE ~It’s a Beautiful Day~開催@恵比寿 4/6・7

@Press / 2019年3月19日 13時0分

マーティン・ギター日本総代理店の株式会社黒澤楽器店(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:黒澤友広)が運営するMARTIN CLUB JAPANが発足30周年を記念し、豪華ゲストを迎えたRebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE ~It’s a Beautiful Day~を2019年4月6日(土)、7日(日)の両日開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/179801/LL_img_179801_1.jpg
ステージイメージ1

「J-WAVE 主催 MARTIN ACOUSTIC LIVE FES
Rebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE ~It’s a Beautiful Day~」
【URL】 http://www.martinclubjp.com/rebirthtour2019/ebisu/


■Rebirth Tour 2019について
マーティン・ギターの魅力を伝えるために黒澤楽器店が主催し、全国各地で開催しているRebirth Tourの東京公演が恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催。
今年はマーティン・ギターを愛する方々が集う「MARTIN CLUB JAPAN」発足30周年記念企画として、豪華ゲストを迎えた公演となります。


■イベント概要
当イベントは両日とも2部構成となっており、第1部は「MARTIN GUITAR SHOW」となり、様々なマーティン・ギターが会場に並べられ、自由に試奏や購入することが可能となります。また、ゲストミュージシャンのトークショーなども予定しています。
(入場無料)

第2部は「MARTIN GUITAR CONCERT」となり、ナビゲーターにラジオDJのレイチェル・チャン氏、Rebirth Tourではおなじみのギタリスト斎藤誠氏をホストに、豪華ゲストを迎えたマーティン・アコースティックギターによるコンサートを開催いたします。


■開催概要
J-WAVE 主催 MARTIN ACOUSTIC LIVE FES
Rebirth Tour 2019 SOUNDHOLE UNIVERSE ~It’s a Beautiful Day~

日時:2019年4月6日(土)/7日(日)
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール

【第1部】
MARTIN GUITAR SHOW 11:00~16:45(入場無料)
【第2部】
MARTIN GUITAR CONCERT 17:00(OPEN) 18:00(START)

チケット発売中
一般:一日チケット料金 :¥4,200(税込)
一般:二日間チケット料金:¥7,800(税込)

チケットのお求めは、下記プレイガイドまで
▽マーティンクラブジャパン http://www.martinclubjp.com/
▽プレイガイド:(東京) キョードー東京 0570-550-799 http://kyodotokyo.com
▽キョードー東京チケットオンライン https://ticket.kyodotokyo.com/
▽チケットぴあ Pコード:144-226 https://t.pia.jp/
▽ローソンチケット Lコード:70378 https://l-tike.com/
▽e+(イープラス) http://eplus.jp/
▽CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/
※0570で始まる電話番号は一部携帯電話・PHS・IP電話からは利用不可

【出演者】
▽レイチェル・チャン(ナビゲーター)
▽斎藤誠(ホストアーティスト)
※両日出演

▽4月6日(土)CONCERT出演者
・竹内アンナ
・中シゲヲ(ザ・サーフコースターズ)
・馬場俊英
・高野寛
・小倉博和
・鈴木茂
・斎藤誠 ※セッションのみ

▽4月7日(日)CONCERT出演者
・Rei
・尾崎裕哉
・おおはた雄一
・曽我部恵一
・吉川忠英
・斎藤誠


■出演者 プロフィール
【4月6日(土曜日) 出演者】
▽竹内アンナ ANNA TAKEUCHI
1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都在住。幼少より親の影響で70年代や80年代の音楽に触れ、中学1年生でギターを弾き始める。アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年3月アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19歳で出演。合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加し、ライヴ会場だけで200枚近くのCDを販売する。
http://takeuchianna.com/

▽中シゲヲ SHIGEO NAKA
日本のギタリスト。神奈川県横須賀市出身。インストゥルメンタルロックバンド『ザ・サーフコースターズ』のギタリストとして95年にデビュー。桑田佳祐、加山雄三、寺内タケシ、ディック・デイル、ベンチャーズなどと共演。PUFFY、岩瀬敬吾、ENDSなどのサポートも務める。
https://www.facebook.com/thesurfcoasters/

▽馬場俊英 TOSHIHIDE BABA
1996年にメジャーデビュー。これまでに20枚のアルバムをリリース。ストーリー性の高い歌詞とそこに登場する人物像を生き生きと描写しメッセージを投げかける楽曲は幅広い世代に支持を得ている。2007年にはNHK紅白歌合戦に出場。 毎年数多くのツアーを行いながら多くの人の心に響く名曲を生み出し続けている。6月15日(土)にはティアラこうとう 大ホールにて、「LIVE TOUR 2019 ~落書きとマスターピース」を開催。
http://www.babatoshihide.com/

▽高野寛 HIROSHI TAKANO
シンガー・ソングライター/ギタリスト/プロデューサー。1988年高橋幸宏プロデュースでデビュー。代表曲はトッド・ラングレンプロデュースの「虹の都へ」「ベステンダンク」。昨秋、デビュー30周年を迎え、記念したベスト盤「Spectra ~30th All time & Collaboration Best~」を発売。30曲のソロ作品に加え、忌野清志郎との共作による未発表曲『大切な君のもの』などを含む、充実の3枚組。
https://www.haas.jp/

▽小倉博和 HIROKAZU OGURA
香川県高松市出身。日本を代表するギタリスト&アレンジャー・コンポーザー・プロデューサー。1994年 桑田佳祐ソロアルバム「孤独の太陽」を全編にわたりサポートする。シングル「月」は日本レコード大賞・優秀賞を受賞「孤独の太陽」はアルバム大賞を受賞し高く評価される。サザンオールスターズ・福山雅治・大貫妙子・槇原敬之をはじめ参加したレコーディング&ライブセッションは数知れず。小林武史・Mr.Children桜井和寿を中心に結成された“Bank Band”のメンバーでもあり、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌「Progress」をきっかけに武部聡志・スガシカオらと“kokua”を結成、アルバム「Progress」をリリース。
ギターユニット“山弦”としても5枚のアルバムをリリース、またソロとしても2014年「GOLDEN TIME」、2016年「Summer Guitars」と2枚のアルバムをリリースするなどアーティスト活動も多岐にわたる。そのテクニックと音楽性に裏付けされたギタープレイ&楽曲はジャンルを超えて多くの支持を受けている。
http://www.oorong-sha.jp/musician/ogura.html

▽鈴木茂 SHIGERU SUZUKI
1969年<はっぴいえんど>に加入。1970年アルバム『はっぴいえんど』をリリース。その後、3枚のアルバムを発表し<はっぴいえんど>解散と同時に、1974年単身L.A.に渡りソロアルバム「BAND WAGON」を完成させる。帰国後アルバムリリースに合わせ<鈴木茂&ハックルバック>を結成し、全国ツアーを行う。その後<ティン・パン・アレー>のメンバーとして数多くのセッション活動を重ね、ソロとしても7枚のアルバムを発表するかたわら、スタジオワーク、LIVEサポート、アレンジャー、プロデューサーとしても活躍。2003年、再び自らのBANDとして、<鈴木茂BAND>を結成、現在はLIVE活動に力を入れている。同時に、自身のサウンドを表現するエフェクターを各種製作し、ホームページにて販売も行っている。
http://suzuki-shigeru.jp/

【4月7日(日曜日) 出演者】
▽Rei レイ
兵庫県伊丹市生。卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター/ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、Java Jazz Festival、Les Eurockeennesなどの国内外のフェスに多数出演。2017年秋、日本人ミュージシャンでは初となる「TED NYC」でライヴパフォーマンスを行った。
2018年11月7日1st Album「REI」をリリースし、2019年2月より全国10箇所でRei Release Tour“Rei of Light”を開催。
http://guitarei.com/

▽尾崎裕哉 HIROYA OZAKI
1989年、東京生まれ。バイリンガル、コンテンポラリー・シンガーソングライター。もっとも敬愛するアーティストはジョン・メイヤー。父親が遺した音源を繰り返し聴き続け歌唱力を磨き、ギターとソングライティングを習得。ライヴパフォーマンスの経験を重ねながら、バークリー音楽大学の短期プログラムへ参加し、音楽スキルをレベルアップ。
2017年ホールツアー《HIROYA OZAKI “SEIZE THE DAY TOUR 2017”》が開催された。
http://www.hiroyaozaki.com/

▽おおはた雄一 YUICHI OHATA
シンガーソングライター、ギタリスト。'04年アルバムデビュー。代表曲「おだやかな暮らし」は多くのアーティストにカバーされている。'08年にはJesse Harrisをプロデューサーに迎え、N.Y.のミュージシャン達と録音したアルバムを発表、話題となる。近年では、映画「ちょき」の劇伴・主題歌を担当、舞台の音楽制作、CM音楽、ナレーション(旭化成、JT等)など多岐にわたり活躍中。
https://yuichiohata.com

▽曽我部恵一 KEIICHI SOGABE
1971年8月26日生まれ。乙女座、AB型。サニーデイ・サービスは曽我部恵一(vo,g)、田中貴(b)、丸山晴茂(dr)からなるロックバンド。1995年『若者たち』でアルバムデビュー。90年代を代表するバンドの1つとして、今なお、リスナーのみならず多くのミュージシャンにも影響を与えている。7枚のアルバムと14枚のシングルを世に送り出し、2000年に惜しまれつつも解散。2008年7月、奇跡の再結成を遂げ、以 来、RISING SUN ROCK FESTIVAL、FUJI ROCK FESTIVALに出演するなど、ライブを中心に活動を再開。同時にソロ活動も行っている。
http://www.sokabekeiichi.com/

▽吉川忠英 CHUEI YOSHIKAWA
1947年東京生まれ。72年、和楽器を取り入れたフォークロック・グループ“EAST"のメンバーとして全米デビューを果たす。帰国後シンガーソングライターとしてアルバムデビューし、ギタリスト・アレンジャー・プロデューサーとしての活動を開始。
アコースティックギターの第一人者として、中島みゆき・松任谷由実・福山雅治・夏川りみ・加山雄三・Chageなと、ニューミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加している。2001年、Martinより「Chuei Model」ギターを発売。毎年、北海道から沖縄まで全国ソロライブツアーも精力的に行なっており、その旅の音風景とも言える楽曲を集めたアルバム「Relax & Slow ~Natural Style~」を2014年夏に発売。季刊誌「ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE」(リットーミュージック)に『チューエイのスタジオ日記』執筆中。
2017年より、WEBでのオンラインギタースクール「Masters Labo オト塾」を開講している。
http://chuei-yoshikawa.com/

▽斎藤誠 MAKOTO SAITO
1980年 青山学院在学中より音楽活動スタート。1983年 デビューアルバム「LA-LA-LU」をリリース。 以来シンガーソングライターとして、シングル15枚・ベスト盤含むアルバム13枚をリリース。現在は、サザンオールスターズ・桑田佳祐のサポートギタリストとしても活動。そして、自身で「ネブラスカ」と称した弾き語りライブや、マーティン社とのコラボレーションイベント「Rebirth Tour」に参加するなどライブ活動を精力的にこなす。2017年4月 自身のオリジナル曲を、ギターと歌のみでセルフカバーした「ネブラスカレコード ~ It's a beautiful day~」をリリース。2018年4月18日、ニューシングル 「It's A Beautiful Day」リリース。
https://tearbridge.com/saitomakoto/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング