『エコライフ・フェア2019』代々木公園にて6月1日(土)、2日(日)開催決定!

@Press / 2019年4月26日 18時0分

環境省が主催する環境イベント『エコライフ・フェア2019』を、2019年6月1日(土)・2日(日)に、代々木公園(東京都渋谷区)にて開催いたします。入場無料で、家族みんなで環境について学びながら楽しめる参加型イベントです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/183161/LL_img_183161_1.jpg
さかなクン

■エコライフ・フェア2019とは
エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に、1990年以来、環境省、地方公共団体、関連団体、企業及びNGO・NPO等が連携して行っているイベントです。様々な展示ブースやステージ・ワークショップなどを通じ、身近なエコから様々な地球規模の環境問題に対してまで、「気づき」から「行動」へと導くきっかけとなる場を提供します。日常の生活スタイルや経済社会活動を環境にやさしいものにすることを目指し、未来の子どもたちに豊かな地球環境を引き継いでいくために、無理のない楽しいエコを始めるきっかけとなるような内容になっております。
会場には、身近なテーマでの展示や参加型ワークショップ、子どもたちのための環境プログラムや、エコ・レストランの飲食ブースなどがあり、ステージでは様々なゲストによるECOトークショーやECOアイドルショー、音楽ライブなど行ないます。

■開催日 :2019年6月1日(土) 10:30~17:00/2日(日) 10:00~16:30
■開催場所:代々木公園 ケヤキ並木及びイベント広場
■最寄り駅:JR渋谷駅・原宿駅ほか
(車を減らすアクションとして、ご来場は公共交通機関をご利用下さい)
■主催 :環境省
■入場料 :無料(昨年来場者数約43,000人)


■主なイベント内容
※内容の詳細は公式ホームページで発表します。
http://ecolifefair.env.go.jp/

<メインステージ>
環境問題を考えるきっかけづくりのために、様々なゲストによるトークショーやコンサートなどが行われます。
トークゲストに「さかなクン」や「壇蜜」さんなどが登場。ライブゲストには「花*花」らがライブを行い、環境保全など、エコライフを呼びかけます。環境省とタイアップした映画「海獣の子供」の「渡辺 歩」監督によるステージもあります。
東日本大震災等の被災地より「ご当地キャラ」たちもやってきて、復興支援や観光を呼びかけます。
他にもスペシャルゲストの登場が予定されており、随時公式ホームページにて発表していきますのでお楽しみに!

<出展エリア>
企業・団体による取り組み紹介ブースでは、ゲームに参加したり、パネルを見ながらクイズに答えたりしながら、最新のエコ情報を楽しく学ぶことができます。エリアを巡る楽しい「クイズラリー」も開催されます。

<復旧復興支援・物産展>
東日本大震災等の被災地の物産展で、直送の特産品などが販売されます。各地「ご当地キャラ」も応援にやってきます。

<フードコート>
素材からエコのオーガニック系食材を中心としたレストランが出店。リユース食器・カップを用いたフードコートです。
復興支援の旬の味覚もお楽しみいただきます。

<ワークショップ>
エコ工作などの体験のほか、代々木公園のいきものを探す探検ワークショップ(HPにて要予約)なども実施します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング