データ分散型の新発想仮想デスクトップソリューション「ZENMU Virtual Desktop」を6月より提供開始

@Press / 2019年5月20日 10時0分

株式会社ZenmuTech(ゼンムテック、以下 ZenmuTech、代表取締役社長:國井 晋平、東京都品川区)は、2019年6月より、秘密分散技術を利用してPCからの情報漏えいを抑止する、データ分散型仮想デスクトップソリューション「ZENMU Virtual Desktop(ZVD)」の提供を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/184018/LL_img_184018_1.jpg
データ分散型仮想デスクトップソリューション

■ 秘密分散技術による革新的なソリューション
「ZENMU Virtual Desktop」は従来の画面転送方式と異なり、データ分散方式による世界初(※当社調べ)の仮想デスクトップソリューションです。ユーザーデータは秘密分散技術により一片をクラウドに、もう一片をローカルディスクに分散保管し、データ利用時のみPC上で復元されます。それぞれの分散片は何ら意味を持たないため、例え盗難・紛失等で各分散片が流出したとしても情報の漏えいは発生しません。


■ データ分散方式仮想デスクトップの特長
「ZENMU Virtual Desktop」は従来のクライアント端末セキュリティソリューションと比較し、下記の特長を有します。

・秘密分散技術による高いセキュリティ
ZenmuTech独自の秘密分散技術により、ユーザーデータを分散保管することでPCの紛失や盗難等に伴うセキュリティ事故発生を抑止します。

・安価な導入および運用費用
月額780円で利用が可能です。クラウド基盤を利用したサービスのため、サーバーの新規購入や設計・構築等の作業は必要ありません(※1)。

・安定したパフォーマンスや各種アプリケーションへの対応
ユーザーデータ以外のPCリソース(CPU/メモリ/OS/各種アプリケーション等)は全てローカル環境を利用するため、アクセス集中やネットワーク環境の不具合等によるパフォーマンスへの影響は受けません。また、既存の仮想環境には対応していないアプリケーションの利用も可能です(※2)。

・オフライン環境での業務継続性
オフライン機能の利用により、事前登録したスマホやUSBデバイスとの連携により、クラウド環境にアクセス出来ない場合でも業務継続が可能です。

・遠隔消去対応が不要に
クラウド側の分散片アクセスを停止するだけで元データを物理的に復元する事が出来なくなるため、確実にデータを保護する事が可能です。ネットワーク接続が無く端末に消去コマンドが送信できない、といったケースは発生しません。

・PC再発見時の業務継続性
クラウド上の分散片アクセスをコントロールする事により、一時的にデータの復元を禁止する事が可能です。紛失したPCがそのまま発見された場合には、再びアクセスを許可すればそのまま業務継続が可能です。

※1 PC側にはクライアントアプリケーションのインストールが必要です。
※2 各アプリケーションの事前動作確認が必要です。また、構成により追加設定が必要となる場合があります。


■ ZENMU Virtual Desktop概要
・提供開始予定日
2019年6月初旬

・提供価格
月額780円(税抜き) *ご契約期間は1年単位となります

・クライアントアプリケーション動作環境
Windows 10 64bit版(バージョン1709以降)

製品情報は、こちら https://zenmutech.com/products/zvd


■ 株式会社ZenmuTechについて
株式会社ZenmuTechは、データの無意味化で情報漏えいリスクをゼロにし、従来の暗号化技術では実現できなかった高セキュリティなソリューションを実現する「ZENMU」と無意味化したままでのデータ処理を可能にする秘匿計算技術により、グローバル環境への進展を見据えた上で、革新的な技術力とオープンイノベーションによる創造力により「情報の安全」を提供し、広く社会に貢献します。
URL: https://zenmutech.com

【商標について】
本文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング