明治大学と宮城県気仙沼市が「連携協定」を締結します~7月27日(土)駿河台キャンパスで協定締結式実施~

@Press / 2019年7月22日 14時15分

このたび、明治大学と宮城県気仙沼市は「連携協力に関する協定」を締結します。これまでの「震災復興に関する協定」を発展させ、地域振興や人材育成など、より幅広い分野での連携を推進していきます。
明治大学は、2012年5月に東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市と「震災復興に関する協定」を締結しました。その後、この協定に基づき、被災した方々の心のケアを目的とした学生主体の取り組みのほか、学生・教職員が明治大学で地震被害と復興支援のあり方を考える機会として、リアス・アーク美術館の協力による「震災記録写真展」や、菅原茂市長による講演会等を行ってきました。2017年度からは、気仙沼市内の女性を対象とした人材育成講座「アクティブ・ウーマンズ・カレッジ」を市と明治大学が共催しています。
仙沼市との「震災復興に関する協定」は、本年5月末に満了し、以後の連携について、双方で協議を重ねた結果、このたびの連携協定の締結について合意しました。この協定締結式を下記のとおり開催いたします。

■明治大学と宮城県気仙沼市との連携協力に関する協定締結式
期間:2019年7月27日(土) 12:15~12:45
場所:明治大学駿河台キャンパスリバティタワー23階 矢代操ホール(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)
出席者(予定):気仙沼市 菅原茂市長
明治大学 土屋恵一郎学長、竹本田持副学長(社会連携担当)、矢ケ崎淳子社会連携機構副機構長
進行:1.開式、2.趣旨説明、3.協定書署名、4.あいさつ、5.写真撮影、6.閉式


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング