録画データは全てクラウド保存可能。壁掛けでも使える小さなWi-Fiカメラ『ダイビークラウド・アイ』を発売

@Press / 2019年8月5日 11時0分

産業用LED照明・防犯カメラ企画製造を行う株式会社ダイトク(所在地:埼玉県川口市、代表取締役社長:主代 直樹)は、自社製品として、クラウドWi-Fiカメラ『ダイビークラウド・アイ』を8月8日に発売します。
http://glanshield.com/dive-y-cloud-eye/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190244/LL_img_190244_1.jpg
商品イメージ1

【企画の背景】
好評発売中ダイビーシリーズ新商品として、画鋲で留められる重さわずか42gの監視カメラで、レンズだけのような姿でストレージをクラウド化する事により、軽量化された防犯カメラを8月8日に発売します。録画保存方法はクラウドストレージとSDカードが選択可能。

通常の監視カメラが設置できない場所や、録画容量を上げたい方へおすすめです。
本体も42グラムと軽く、ピンやフックなどで引っ掛けられるWi-Fiカメラです。スマホアプリは「ダイビー」を使用。本アプリは株式会社ダイトクがお客様のご要望などを数年にわたり更新している日本に最適化されたアプリです。その信頼性の高い日本語アプリを使い、簡単接続、簡単操作を実現。室内でのWi-Fi環境なら付属の2.5メートルコードで簡単に設置できます。
専用マウンターも付いているので、テーブルや壁などへの固定も簡単。映像は100万画素、赤外線撮影(不可視)・照射距離10m。価格は4,800円(税込)


【ダイビークラウド・アイ 特長】
・Wi-Fiインターネット環境とスマホがあればすぐ使える。
・本体フックでぶら下げて取付けできます。
・クラウドストレージ保存ができるので、データ破損や盗難の心配がありません。
・128GBまでのSDカードへの保存も可能。
・マイク機能で外出先の相手と会話が可能。
・外出先からも在宅者を確認できる。
・世界中どこからでも証拠が残ります。

ホームセキュリティ「グランシールド」: http://glanshield.com/dive-y-cloud-eye/


『ダイビークラウド・アイ』仕様
型式 :GS-CLD011
商品名 :Dive-y Cloud Eye(ダイビー クラウド・アイ)
色 :ブラック
JAN :4580383097058
機能 :録画・動体検知・スマホ撮影(録画・写真)・
赤外線ライト・映像共有 ※録画は音声付
レンズ :3.6mm
イメージセンサー :1/4”プログレッシブスキャンCMOS
動画解像度(フレームレート):HD:1280×720(15FPS)/SD:640×360px(15FPS)
動画圧縮形式 :H.264
カメラ視野角 :水平73°
無線LAN :2.4Ghz IEEE 802.11b/g/n
※Ipv6やシェアードアドレス対応ルーター及び
モバイルルーターは非対応です。
保存メディア :microSDHC/XC(128GBまで対応)※別売
記録時間 :約10~15日間(128GB使用時)
※時間は目安です。撮影環境により変化します。
対応OS :iOS/ Android
赤外線ライト :不可視タイプ・照射距離10m
動作環境温度 :0℃~60℃
防水規格 :なし
電源 :DC5V/1.6A
消費電力 :5W
本体サイズ :58mm×65mm×34mm(W×H×D)
本体重量 :42g
外装サイズ :105mm×70mm×70mm(W×H×D)
製品重量 :130g
製品保証 :お買い上げから1年間
付属品 :本体、簡易取扱説明書、USBケーブル、
ACアダプター・取り付けネジ
※仕様・付属品は予告無く変更する場合があります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング