生産量日本一!三重の特産品「アオサノリ」が爽やかに香る、伊勢・志摩・鳥羽土産のロングセラー「あおさ香りせんべい」パッケージリニューアル!

@Press / 2019年8月6日 11時0分

株式会社家城物産(所在地:三重県伊勢市、代表取締役社長:家城 正尚)は、発売以来約20年にわたり、伊勢・鳥羽・志摩のお土産としてご愛顧いただいている当社のロングセラー「あおさ香りせんべい」のパッケージを本年7月リニューアルし、今まで以上に伊勢・鳥羽・志摩への旅情を深めていただけるお土産を目指しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190368/LL_img_190368_1.jpg
あおさ香りせんべい

【リニューアルポイント】
伊勢・鳥羽・志摩の空、海、島々をイメージした青と緑を大切にし、そして幾何学模様のように張られたアオサ養殖網をモチーフに、この地方特有の風景を洗練されたイラストにしました。
そして環境のことを考え、省資材を目指してこれまでの包装紙を取りやめ、ボックスを鮮やかにデザインすることで、高級感のある旅行土産の佇まいにしました。


【「あおさ香りせんべい」について】
当社は、「地元の特産品であるアオサノリを観光客の皆様に知っていただきたい」という一心で、当時珍しかったアオサノリ入りのせんべいを開発。平成13年(2001年)に販売を開始しました。爽やかな磯の香りとサクッと軽い食感で、老若男女問わず幅広いお客様からご好評いただき、伊勢・鳥羽・志摩のお土産の「定番」としてご愛顧いただくようになりました。また、平成25年(2013年)に、伊勢神宮外宮にも奉納させていただいております。


【アオサノリについて】
生産量日本一、全国の約7割以上のシェアを占める三重県の特産品「アオサノリ(ヒトエグサ)」。豊かな海に育まれた碧(あお)の色が美しく、食感も軽やかで香りも良く、伊勢・鳥羽・志摩の辺りではお味噌汁や佃煮など食卓には欠かせないものになっています。


【家城物産について】
家城物産では、「利益に走らず本当に良いものを提供する」を信条に、三重県、特に地元伊勢の農水産物を使用した加工品を企画・製造・販売をしております。アオサノリへの思い入れは強く、「あおさの佃煮」は30年以上前から製造しております。今後も地元を代表する食材であるアオサノリを大切にし、風土に培われた食文化を未来へつなげていきたいと考えております。


●「あおさ香りせんべい」詳細情報
【店頭価格】
18枚入:1,000円(税抜)・10枚入:600円(税抜)

【販売場所】
・鳥羽シーサイドホテル様 三重県鳥羽市安楽島町1084
・賢島宝生苑様 三重県志摩市阿児町神明718-3
・ホテル&リゾーツ伊勢志摩様 三重県志摩市磯部町的矢字笠取939-6
・鳥羽国際ホテル 潮路亭様 三重県鳥羽市鳥羽1丁目23-1
・岩戸屋様 三重県伊勢市宇治今在家町58
・伊勢百貨店様 三重県伊勢市本町18-30
・戸田家様 三重県鳥羽市鳥羽1丁目24−26

【リニューアル開始時期】
令和元年(2019年)7月より順次リニューアル


【会社データ】
株式会社家城物産
代表取締役社長:家城 正尚
設立 :昭和49年
社員数 :19人
資本金 :1,000万円
売上高 :36,000万円
事業内容 :観光物産品(お菓子・佃煮・海産物等食品)の卸及び販売
主に三重県内の販売店様、高速道路様、ホテル旅館様、
テーマパーク様への卸業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング