タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」 和風タピオカドリンク「タピオカほうじ茶マロン」など9/9(月)秋冬限定ドリンク&フード新発売!

@Press / 2019年8月27日 11時0分

株式会社オアシスティーラウンジ(東京都港区、代表取締役 木川 瑞季)が運営するタピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」は、2019年9月9日(月)より秋冬限定ドリンクと台湾ヌードルを新発売いたします。ドリンクは日本のほうじ茶で作った日本茶ミルクティーにマロンを合わせた和風タピオカミルクティー「タピオカほうじ茶マロン」と甘酸っぱい柚子ピューレがさわやかな「柚子ジャスミンティー」の2種。また、大貝と凝縮された貝エキスがたっぷりの「柚子塩大貝湯麺」と初の醤油ベースとなる「海老ときのこの台湾湯麺」の2種の麺が新登場いたします。いずれも日本の春水堂でのみ提供の限定ドリンク&フードです。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/LL_img_191756_1.jpg
タピオカほうじ茶マロン集合

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/img_191756_4.png
柚子ジャスミンティー

▼人気沸騰中のほうじ茶使用。“和風タピオカドリンク”でアレンジティーの幅広がる
タピオカミルクティー発祥「春水堂」が2013年に日本上陸して以来、本格的な中国茶で淹れるタピオカティードリンクで現在のブームを牽引してまいりました。現在では抹茶やほうじ茶といった日本茶葉の使用で作る日本茶ミルクティーも増えており、春水堂では“日本の茶葉と台湾発祥のタピオカミルクティーの新しい飲み方”として、「タピオカ抹茶ミルク」や「タピオカほうじ茶ミルク」を開発しており、発売以来ドリンクランキングでベスト5入りする人気を保っております。

ほうじ茶飲料だけでなく、アイスやケーキなどスイーツにも幅広くほうじ茶が使用される中、春水堂からはホットでも楽しめるデザート感覚な和風タピオカドリンクが登場します。9月9日(月)からの季節限定ドリンクとして、香り高い「 ほうじ茶 」ベースのミルクティー に、たっぷりの栗ペーストともちもちタピオカで甘さと香ばしさがベストマッチの「タピオカほうじ茶マロン」 650円(税別)を新発売いたします。使用するほうじ茶は厳選された無添加の国産茶葉で、熟練の茶師が遠赤外線焙煎機を使い丁寧に火入れし、茶葉の芯まで火を入れることで微粉末まで粉砕加工しても芳ばしい香りを失うことがありません。

また、甘酸っぱい柚子ピューレがさわやかなジャスミンティーとコラボレーションの「柚子ジャスミンティー」500円(税抜)も新発売いたします。季節を感じる2種のドリンクをぜひお試しください。


▼季節限定の新作フードはうま味エキスが詰まったぜいたく汁麺。
「柚子塩大貝湯麺」 950円(税抜)
ホンビノス貝が4個も入った見た目も味も贅沢な秋のご褒美麺。
大貝や貝柱の凝縮エキスでうま味が詰まったコクのある鶏白湯ベースに、爽やかな柚子のアクセントが効いています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/img_191756_5.png
柚子塩大貝湯麺

「海老ときのこの台湾湯麺」 900円(税抜)
春水堂初の醤油ベースの汁そば小海老と4種のキノコがたっぷりなピリ辛麺。日本人になじみのある醤油味ながらスパイスが加わり、まるで台湾ローカル屋台の味。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/img_191756_6.png
海老ときのこの台湾湯麺


▼新商品販売情報
・販売開始日:2019年9月9日(月)~未定(秋冬限定)
・販売店舗 :全店舗(フードはルミネエスト新宿店以外)
・価格(税抜):「タピオカほうじ茶マロン」(アイス/ホット) 650円
「柚子ジャスミンティー」(アイス) 500円
「柚子塩大貝湯麺」 950円
「海老ときのこの台湾湯麺」 900円

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/img_191756_2.png
タピオカほうじ茶マロン_アイス

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/191756/img_191756_3.png
タピオカほうじ茶マロン_ホット


【春水堂(チュンスイタン)とは】
春水堂(チュンスイタン)は、台湾・台中で1983年に台湾で創業した台湾カフェ。時代に合わせた革新的なお茶の飲み方を開発する中、伝統のホットティーをアイススイートティーとして広く定着させたほか、台湾ローカルスイーツのタピオカミルクティー発祥の店として人気を博し、台湾全土で50店舗を展開する国民的人気カフェ。2013年に東京・代官山へ日本初出店した際には3時間待ちの行列ができる店となり、ヘルシーで素材感たっぷりのお茶ドリンクやスイーツで“台湾スイーツブーム”を巻き起こしました。東京、大阪、福岡など全国に14店舗を展開。2018年7月にはグループブランドのテイクアウト専門ティースタンド『TP TEA』も日本初上陸し、東京都内・大阪梅田に5店舗を展開中。


▼こだわりのお茶ドリンクや台湾フードが勢揃い
春水堂のドリンクは無添加・香料不使用、認定を受けた『お茶マイスター』のみが作ることができます。注文ごとに淹れるドリンクは、フレッシュで自然な素材の美味しさが堪能できます。香り高いお茶ともちもちのタピオカのハーモニーが絶妙な『タピオカミルクティー』のほか、鉄観音ラテやタピオカ抹茶ミルクなど30種類以上のお茶ドリンク、台湾スイーツの『豆花(トウファ)』、ローカルフード『牛肉麺』などの台湾ヌードル・点心が勢揃いしており、ランチやディナーもお楽しみいただけます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング