ブレインパッドの「Rtoaster」、多様なマーケティングツールの顧客データをリアルタイムに統合・連携する「Tealium Universal Data Hub」と連携開始

@Press / 2019年8月27日 15時30分

株式会社ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」と、Tealium Inc.(以下Tealium)が提供する「Tealium Universal Data Hub(ティーリアム ユニバーサル データ ハブ)」の連携を開始することを発表いたします。
「Tealium Universal Data Hub」は、業界をリードするCDP(カスタマーデータプラットフォーム)およびタグマネジメント技術を用いてさまざまなマーケティングツールの顧客データをリアルタイムに統合・連携できる包括的な顧客データソリューションとして、全世界でグローバル企業を中心に多くの企業が導入しています。

今回の連携により、「Tealium Universal Data Hub」が複数のツールで集め、リアルタイムに統合した顧客データを、「Rtoaster」を活用して即時に多彩なアクションに繋げることが可能となります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191793/img_191793_1.png
■「Tealium Universal Data Hub」で統合した情報を活用し、「Rtoaster」で多彩なアクションを実現
昨今、企業のデジタルマーケティングに関する取り組みは進化していますが、その一方で、ウェブ、アクセス解析ツール、MA(*2)ツールなど複数のツールに顧客データが散在し断片化しているという課題があります。この課題に対して「Tealium Universal Data Hub」は、散在した顧客データをリアルタイムに整理・統合・連携し、顧客プロファイルを高度化できるソリューションです。
また、「Rtoaster」は、国内トップクラスのプライベートDMPとしてパーソナライズされたマーケティングアクションに強みを持ち、スマートフォンアプリ、ウェブ、デジタル広告、メールなど多様な顧客接点を横断した施策を実行できます。
このたびの両製品の連携により、「Tealium Universal Data Hub」をすでに導入している企業は、「Rtoaster」ですぐに施策を実施することができるため、各ツールからのデータ収集から多彩な施策の実行までをスムーズに行うことが可能となります。

■「Tealium」のバッジ機能を活用し、「Rtoaster」でのよりスピーディなアクションを実現
「Tealium」には、ユーザーの購買や閲覧といった一つ一つの行動に対して“バッジ”(セグメント要素)をリアルタイムに付与する機能があります。このバッジ機能を活用すると、「Tealium Universal Data Hub」で扱う顧客データを顧客のリアルタイムの状況を踏まえ、よりきめ細やかにセグメンテーションできるようになります。
今回の連携では、「Tealium Universal Data Hub」と連携された他のツール上の行動により付与されたバッジを「Rtoaster」でセグメントとして使用し、パーソナライズアクションを行うことができます。また、「Rtoaster」で計測するトラッキングデータに対してもバッジを付与することが可能となります。例えば、「Rtoaster」を導入済のECサイトでの購入行為に対してバッジを付与し、そのバッジをセグメントとして利用し、別のチャネルでメッセージを配信するなど、スムーズかつ、よりパーソナライズされたマーケティングアクションが可能となります。

今後、ブレインパッドは、「Tealium Universal Data Hub」との連携強化および、本連携ソリューションのTealiumとの共同提供により、企業の統合マーケティングの実践における多角的支援をおこなってまいります。


■Tealium Vice President Global Channel Partnerships Mr. Mike Vaccaroのコメント
Tealium Japanはブレインパッド「Rtoaster」との連携を歓迎します。「Tealium Universal Data Hub」が保持するさまざまな顧客接点情報を「Rtoaster」と連携することで、さらにカスタマーエクスペリエンスを向上させるマーケティングを日本のお客様に提供できると確信しています。


(*1)DMP(Data Management Platform)とは、広告主・メディア・ECサイトなどが保有するさまざまな大量データを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。
(*2)MA(マーケティングオートメーション)とは、マーケティング活動の運用プロセスの自動化を支援するシステムの総称。


■ご参考情報
●「Tealium Universal Data Hub(ティーリアム ユニバーサル データ ハブ)」について https://tealium.com/ja/products/
「Tealium Universal Data Hub」 は業界をリードするCDP、タグマネジメント、APIハブおよびデータ管理ソリューションを包括しています。それにより企業は、リアルタイムなデータを活用して、あらゆる部門やシステム、顧客タッチポイントにわたって、よりリッチでよりパーソナライズされた顧客体験を創り出すことができるようになります。
世界中の800社以上がTealiumによってデータの分断を排除し、統一されたアクショナブルな顧客プロファイルを構築しています。

●「Rtoaster(アールトースター)」について http://www.rtoaster.com/
「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPです。(なお、氏名・メールアドレス・住所等の個人を特定できる情報は取得しておりません。)
データの蓄積・管理から、スマートフォンアプリ/ウェブサイト/デジタル広告/メールなどの多様な顧客接点におけるパーソナライズアプローチ、行動ターゲティング/レコメンドといったアクションまで、デジタルマーケティングを強力にサポートします。複数のチャネルを横断した最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻に行うことが可能な、国内最大規模のプライベートDMPとして、250社以上のさまざまな企業に導入・活用いただいております。
また、ツールの提供に留まらず、豊富な経験を有するデジタルマーケティングコンサルタントによる導入・運用支援(要件定義からKPIの設計、施策の設計・実行、効果測定・改善案の提示)までをトータルに提供しております。

●Tealium Japan株式会社について https://tealium.com/ja/
Tealiumは、企業の顧客データをあらゆるシステムとつなげ、より関連性の高い意味のある顧客体験を提供できるようにすることで、リアルタイムな顧客エンゲージメントおよびマーケティングの新時代を強力に推進しています。

●株式会社ブレインパッドについて https://www.brainpad.co.jp/
(東京証券取引所 市場第一部:証券コード 3655)
本社所在地:東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル
設立:2004年3月
代表者:代表取締役社長 草野 隆史
資本金:332百万円(2019年6月30日現在)
従業員数:306名(連結、2019年6月30日現在)
事業内容:企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス

■お問い合わせ先
●製品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブレインパッド
TEL:03-6721-7002
お問い合わせフォーム: https://go.pardot.com/l/391552/2017-08-18/6gqfjs

*本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

以上


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング