初めての豊田でも安心!アプリでバス1日乗り放題券やランチ券を利用できる観光型MaaS「ENJOYとよたパス」「とよた1DAYパス」を発売

@Press / 2019年8月30日 11時0分

一般社団法人ツーリズムとよたは、2019年8月28日~2019年10月27日に観光型MaaS※のモバイルチケット「ENJOYとよたパス」「とよた1DAYパス」が販売されることをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191957/LL_img_191957_1.jpg
ENJOYとよたパス

「ENJOYとよたパス」は、豊田市内を走る「とよたおいでんバス」全12路線と「名鉄バス」の一部で利用できるバス1日乗り放題券と豊田市内の店舗のランチ券やお得なクーポン等がセットになったパスです。
「とよた1DAYパス」は、バス1日乗り放題券と豊田市内のお店で使えるお得なクーポンがセットになったパスです。
「ENJOYとよたパス」「とよた1DAYパス」は、ジョルダン株式会社が運営するアプリ(「乗換案内」(日本語)、「Japan Transit Planner」(多言語))でご購入いただけます。お出かけ前にパスを購入することで、当日の移動やお食事は、スマートフォン等でパスの購入画面をご提示いただくだけで、お財布を出さずにお楽しみいただけます。お手軽に町歩きやポタリングをお楽しみください。

ジョルダンHP : https://ticket.jorudan.co.jp/toyota/ja/
ツーリズムとよたHP: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/

※MaaS(マース)…“Mobility as a Service”の略。出発地から目的地までの移動ニーズに対して最適な移動手段をシームレスに一つのアプリで提供するなど、移動を単なる手段としてではなく、利用者にとっての一元的なサービスとして捉える概念
(出典:国土交通省ホームページ)


■販売期間
モバイルチケット:2019年8月28日~2019年10月27日
※「とよた1DAYパス」については、2019年8月24日から2019年10月27日まで紙チケットも販売されます。

[紙チケット販売場所]
・コンテナーニシマチ6(所在地:豊田市西町6-81-4 電話番号:0565-85-0226)
・どんぐり工房(所在地:豊田市武節町針原15 電話番号:0565-83-3838)


■利用期間
2019年9月1日~10月27日の土日・祝日


■チケット種類
1.「ENJOYとよたパス」 大人2,500円 小人2,000円
お得なクーポン付バス1日乗り放題券とランチ券がセットになったパスです。ランチメニュー等の詳細は、HPをご確認ください。

ジョルダンHP : https://ticket.jorudan.co.jp/toyota/ja/
ツーリズムとよたHP: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/

2.「とよた1DAYパス」 大人1,000円 小人500円
お得なクーポン付バス1日乗り放題券です。


■購入方法
ジョルダンが運営する以下2つのアプリにて購入
日本語…「乗換案内」
多言語…「Japan Transit Planner」
※チケットの購入には、メールアドレスの登録が必要です。
※支払いは、クレジットカード決済です。


■モデルコース
「ENJOYとよたパス」
(1)稲武・足助まち歩き満喫コース 通常運賃2,600円のところ1,600円もお得!
豊田市は『産業のまち』というイメージがありますが、今回ご紹介するコースの舞台となる豊田市・稲武地区、足助地区は『産業のまち』豊田のイメージを一新するまちです。稲武地区は、愛知・長野・岐阜3県の県境に位置し、山里の魅力を感じることができる自然豊かな場所で、奥三河の郷土の味「五平餅」作りの体験ができます。足助地区は、古くから太平洋岸と中部山岳地帯を結ぶ交通の要地として栄えたまちで江戸時代に建てられた町屋が残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。町の中央を流れる川沿いを歩くと涼やかな風を感じることができます。

詳細: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/

(2)お城じゃない、町屋の歴史をたどる旅コース 通常運賃1,820円のところ820円もお得!
立派なお城や有名な武将ばかりが「歴史」ではありません。豊田市内の江戸、明治、大正、昭和に建てられた町屋をご覧になっていただき、その時代の人々のリアルな生活を垣間見ることができるコースです。
江戸期・明治期…建築当初より現在まで、旅館として旅人を迎え入れている玉田屋旅館をはじめ、数多くの家屋が足助の町並みに現存しています。
大正期・昭和期…喜楽亭(豊田市駅付近)。大正末期から昭和にかけて建てられた、町屋建築の面影を残す近代和風建築で、かつては、料理旅館として、高橋是清、高松宮殿下、水谷八重子など貴賓・著名人の宿泊所にもなりました。
昭和期…旧豊田喜一郎邸(鞍ヶ池公園バス停付近)。豊田喜一郎氏が株式会社豊田自動織機製作所内に自動車部を設置したのと同じ昭和8年に建てられました。名古屋建築界の第一人者・鈴木禎次氏の設計による、和洋のデザインを取り入れた、近代建築史の中でも貴重な建物として高く評価されています。

詳細: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/

(3)豊田市の今昔を知る、トヨタ会館見学と松平郷散策コース【土曜日限定】 通常運賃1,400円のところ400円もお得!
午前は、今の豊田市を象徴する自動車産業について知ることができる「トヨタ会館」を見学し、午後は、江戸幕府を開いた徳川家のルーツといわれている松平郷まで、少し足を伸ばすコースです。「トヨタ会館」では、最新の自動車技術を間近に見ることができます。松平郷では、徳川家康を祀る松平東照宮の天井画の拝観や松平氏の菩提寺であった高月院で御朱印をゲットできます。

詳細: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/

「とよた1DAYパス」
(1)豊田で旅ポタ!通常運賃1,200円のところ200円もお得!
秋の風を感じながら、自転車でゆるーく山下りをしてみませんか?町と山が近い豊田市だからこその、楽々山下りの日帰りポタリング旅。散歩感覚で自転車をのんびりと気ままに走らせる、ゆるーいサイクリングを「ポタリング」といいます。朝1番のバスを利用して、自転車とともに一気に山間部へ。あとは、ほとんど下り坂のコースを地元の美味しいものや豊かな自然を楽しみながら、1日かけてゆっくり豊田市駅を目指します。ゴールの豊田市駅周辺ではクーポンでミニソフトクリームのプレゼントやお得にお食事等ができます。

詳細: https://www.tourismtoyota.jp/features/detail/93/


【一般社団法人ツーリズムとよた 概要】
商号 : 一般社団法人ツーリズムとよた
代表者 : 会長 太田稔彦
所在地 : 愛知県豊田市小坂本町1丁目25番地
設立 : 2017年2月
事業内容: 愛知県豊田市の観光振興
URL : https://www.tourismtoyota.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング