1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

4月4日はどら焼きの日!ミルフィーユみたいなどらやき「ミルどら」を1日のみ限定販売

@Press / 2011年3月9日 12時0分

ミルフィーユのようなどら焼き「ミルどら」1個 税込294円
創業80周年を迎える和菓子処「菓匠 宮雀(みやすずめ)」(運営:有限会社宮雀、代表取締役社長:輪田 靖、所在地:岡山市北区)は、日本記念日協会が定める「どら焼きの日(※)」4月4日にあわせ、ミルフィーユのような3層のどら焼き「ミルどら」を、記念日1日のみ限定で販売いたします。


(※)4月4日はどら焼きの日!
3月3日の「桃の節句」と5月5日の「端午の節句」にはさまれた日を、あんこを間にはさむ「どらやき」として日本記念日協会が認定しています。日付に4と4が入るため「みんなで食べて、みんなで幸せ(4合わせ)」との意味もあります。


【「ミルどら」とは】
通常のどら焼きは皮であんこを挟んだものが一般的ですが、「ミルどら」は洋菓子のミルフィーユのように4枚の皮に3種の味の違うクリームを挟んでいます。皮はどら焼き用にブレンドした小麦粉を使用しています。アズキは、仕入れ先の豆屋さんが、「これ以上の小豆は手に入らない」と言う北海道産の最高級ランクを使用、あんこも自家製造しています。

商品名は、ミルフィーユのように見えるどら焼きに因み、「ミルどら」と名づけました。また香料・着色料・合成保存料等は使用せずに自然の味をそのままに製造しています。

価格 : 294円(税込)
サイズ: 直径約6センチ、高さ約7センチ
重量 : 90~100グラム
販売日: 2011年4月4日のみ
詳細 : http://www.miyasuzume.com/



【「ミルどら」の開発背景】
宮雀は、毎年秋に創業祭と名づけて地域の皆様向けのイベントを開催しており、2010年秋の創業祭にて期間限定で販売した「ミルどら」が即完売、大好評を博しました。
この時、お客様より「こんなお菓子見たことない!夢があるね~」というお声を頂いたことをきっかけに、創業80周年を記念した商品として「ミルどら」の改良を重ね、お客様に夢と笑顔を届けるお菓子としてこのたび販売することといたしました。


【菓匠 宮雀(みやすずめ)について】
今年、創業80年を迎える和菓子店。現代では珍しく、昔ながらの製法で全ての商品に使用するあんこを自社内で一つずつ作り、こだわりの商品を展開しております。
2009年に発売した“見てびっくり、持ってびっくり、食べてびっくり”がコンセプトの、高さ5cmのどら焼き(税込 252円)や、同じボリュームのあんこを使用した「あんこおやじのあんこたっぷりあんぱん」(税込 189円)など、あんこにこだわり続けている和菓子店として伝統を守りつつ、あんこを使った新しい商品を開発・販売してまいりました。

特に「あんこおやじのあんこたっぷりあんぱん」(税込 189円)は、一部の店舗で1日約50個限定のテスト販売を行ったところ、連日即完売となった人気商品です。


【今後の目標】
宮雀では、創業80年の本年は「ミルどら」のような「夢のあるお菓子」を積極的に開発していきます。また、本年度中にグループ会社でインターネット通販への本格参入も予定しています。


【有限会社宮雀 会社概要】
商号  : 有限会社宮雀
代表者 : 代表取締役社長 輪田 靖
所在地 : 岡山市北区高柳西町9-20
事業内容: 和菓子製造販売他
URL   : http://www.miyasuzume.com/


■お客様からのお問合わせ先
菓匠 宮雀
TEL:086-255-0555(受付時間 平日9:00~17:00)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

各種メディアに多数取り上げていただいた、「あんこおやじのびっくりどら焼き」(1個 税込252円)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング