卒FIT電力の買取を“ふっかちゃんでんき”が開始~エネルギーの地産地消によるまちづくりに寄与~

@Press / 2019年10月1日 9時30分

2018年4月3日に深谷市と共同出資者により設立した『ふかやeパワー株式会社』(通称:ふっかちゃんでんき)は、住宅用太陽光発電の固定価格買取期間満了後の余剰電力(FIT卒業電源=卒FIT)の買取を2019年11月より開始します。


■エネルギーの地産地消によるまちづくりに寄与
2009年に余剰電力買取制度で導入された10kW未満の住宅用太陽光発電のFIT買取期間が、2019年11月から順次終了します。
深谷市で認定・導入されている10kW未満の住宅用太陽光発電は約4,700件、20,000kW。*(2019年3月末時点)
ふっかちゃんでんきは、自治体出資の電力会社としてこれら深谷で作られた電力を買い取り、深谷市民に提供することでエネルギーの地産地消を進め、収益を市民サービスに還元し、資金(電気料金)を市内で循環させる仕組みを作っていくことを目指しています。
さらに地球温暖化の原因である温室効果ガスのうち、大きな割合を占める二酸化炭素の排出が少ない太陽光発電の普及を志向し、低炭素社会の構築に寄与してまいります。
*参考資料:経済産業省資源エネルギー庁情報公表用ウェブサイト「FIT市町村別認定・導入量」より


■ふっかちゃんでんき太陽光買取プラン概要
【プランA】余剰電力買取のみ
買取価格:8.6円/kWh(税込・消費税10%)

【プランB】ふっかちゃんでんきをご利用の方
買取価格:8.8円/kWh(税込・消費税10%)

【対象エリア】
埼玉県

その他詳細は、ふっかちゃんでんきホームページ『太陽光買取』でご確認ください。
ふっかちゃんでんきホームページ『太陽光買取』: https://www.fukaya-ep.co.jp/kaitori.php


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング