業務における問い合わせ対応の自動化サービス「Enour(エナー) AI ChatSupport」を10月1日から提供開始

@Press / 2019年9月30日 10時0分

株式会社オプテージ(以下 オプテージ、代表取締役社長:荒木 誠/本社:大阪市中央区)は、さまざまな問い合わせ対応業務を支援する「Enour(エナー) AI ChatSupport」を2019年10月1日(火)より提供開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194650/LL_img_194650_1.png
「Enour AI ChatSupport」概要

「Enour AI ChatSupport」は独自の自然言語解析技術により開発されたAIを用いて、お客さまや社内からの問い合わせに対して自動でテキスト回答を行うチャットボットサービスで、当社は導入から運用コンサルティングまでワンストップでご提供いたします。
サービス名称「Enour(エナー)」は、『私たちの縁=En+our』が由来の当社独自の造語で、「コンタクトシーンは常に、“人と人”との縁(En)であり、その縁(En)を私たち(our)のサービスで結びたい。」という思いを込めています。


1. 背景と目的
コンタクトセンター業界はお客さまと直接接する窓口のひとつとして、企業内において重要な役割を果たしていますが、最近の傾向として顧客ニーズの多様化により、その業務は複雑化し高度なスキルが求められており、オペレーターの高齢化・退職により、人員確保や応対スキルの維持・伝承が困難になるなど、さまざまな課題を抱えています。
また、人材調達難・コスト削減に加え、顧客対応力の向上(24時間365日対応可能など)や働き方改革の流れもあり、定型業務の自動化による省人化、省力化推進の傾向にあります。
そこで、オプテージはこれらのコンタクトセンターにおける課題を解決するために、自社コンタクトセンターでの豊富な運用ノウハウとデジタル技術を活用した「Enour AI ChatSupport」の提供を開始いたします。


2. 「Enour AI ChatSupport」の概要
「Enour AI ChatSupport」は、株式会社エーアイスクエアのQuickQAエンジンを活用しており、問い合わせ内容の分析機能やAI学習を行う管理機能を有しています。また、クラウド環境で稼働するチャットUI(会話画面)の構築や、総務・人事部門でご活用いただける汎用的なQAデータを備えており、導入後1カ月程度でご利用いただくことも可能です。
「Enour AI ChatSupport」の導入により、人手不足で難しかった「夜間・休日対応」、「ピーク時対応」を可能とし、顧客満足度の向上につなげることができます。また、社内での活用も可能で、社員からの問い合わせ対応で追われているITヘルプデスクや総務関連部門などにおいて業務の効率化が期待でき、働き方改革を促進いたします。


3. 特長
【特長1:柔軟性】
実際にお問い合わせ者がやりとりを行うユーザーインターフェイスは、固有のものではなくさまざまなツールと組み合わせることが可能です。お客さまの目的や既存環境などに合わせてご活用いただけます。

【特長2:高性能】
本サービスは、株式会社エーアイスクエアのQuickQAエンジンを採用しております。QuickQAは日本語を得意とする純国産のエンジンです。最先端の自然言語処理技術により、少ない学習データでも言葉のゆらぎを吸収し、適切な回答を提示することが可能です。

【特長3:容易さ】
既に解析アルゴリズムを構築済みのため、お客さまによるプログラミングといった作業は不要です。業務特化型のQAサンプルを保有しているため、一からQAを作成する手間が省け、EXCELでQAをアップロードするだけで利用開始できます。また、AIをチューニングする管理ツールもシンプルな画面としており、簡単に操作・管理を行っていただくことができます。


4.サービス仕様
【基本機能】
・自然言語解析エンジン:問い合わせ対応するAIエンジン
・管理画面 :AIエンジンの挙動の管理とチューニング機能

【オプション】
・WebチャットUI :WebチャットUIの構築・提供
・業務特化QAセット:総務・人事シーンにて活用可能な、汎用的QAデータの提供
・ボット追加 :別用途での利用時における、ボットの追加


5.料金(税抜)
■初期費用 :100万円~
■月額利用料金:30万円~


【ホームページ】
URL: https://optage.co.jp/business/service/application/chatsolution/aichat/


オプテージは、今回チャットソリューションとして提供する「Enour AI ChatSupport」に加え、今後はオペレーターが応対する「有人チャットサービス」と、お客さま応対のテキスト化や応対時の感情の可視化などでオペレーターを支援する「音声認識サービス」の提供を予定しております。
お客さまが抱えるさまざまな課題に対して、これまで当社が培ってきたノウハウにコンサルティングとデジタル技術でお客さまの真の課題解決を進め、コンタクト機能を最適化するエージェント=【Chief Contact Officer】を目指し、お客さまをサポートしてまいります。


【会社概要】
商号 : 株式会社オプテージ
代表者 : 代表取締役社長 荒木 誠
所在地 : 〒540-8622
大阪府大阪市中央区城見2-1-5 オプテージビル
設立 : 1988年4月2日
事業内容: 電気通信事業/有線一般放送事業/小売電気事業/
情報システム、電気通信ならびに放送に関する
システム開発、運用、保守業務の受託
資本金 : 330億円(関西電力100%出資)
URL : https://optage.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング